学校法人様 ご導入校様の声

HOME > ForSchool Customer's Voice


キャリア教育、キャリアコンサルティングにおいて、
実際にキャリアセットのサービスを導入された
大学の教職員様のお声をご紹介いたします

・ご回答いただいた方:
・・敬愛大学 理事 事務局長 兼 キャリアセンター長 高田 茂様
・・敬愛大学 キャリアセンター室長 保倉 行敏様

・インタビュアー:
・・株式会社 キャリアセット代表取締役社長 佐藤恵子

・ご導入サービス:
・・1年および2年次少人数制キャリア講座におけるカリキュラムおよび教科書作成、講座運営・ファシリテーション*
・・学生向けキャリア・コンサルティング

日本キャリア・カウンセリング研究会(JCC)機関誌「キャリア・カウンセリング」に、敬愛大学様で弊社が取り組むキャリア教育の事例が紹介されました(2013年7月号)
・週刊「東洋経済」(2011年10月22日号)特集「本当に強い大学」で、弊社が担当する敬愛大学1学年必修キャリア講座における少人数制ゼミ形式(日本初)での授業風景が掲載されました。
・上記写真は、敬愛大学様での2年生向けキャリア講座の模様です。

全国に先駆け、キャリア講座で少人数制クラスを導入

佐藤: 
「敬愛大学様では、昨年2011年度より全国に先駆け1年生向け1クラス20人程度までの少人数制の必修キャリア講座を導入されています。この導入の経緯を教えてください」

高田様_1.jpg高田様: 
「敬愛大学では、学生全員にキャリアについて学ぶ機会を与えボトムアップをはかりたいと強く考え、少人数制のキャリア講座を導入しました。
文部科学省指導の下、現在国内の全ての大学でキャリア関連科目を実施していることは間違いないのですが、マンモス校に至っては、実際にキャリア講座を受講できている学生はほんの一部にすぎません。例えば1学年1万5千人のうち受講者は1パーセントにすぎない例も聞いています。一方、我が校では小規模大学だからこそ可能な施策として、少人数制講座を打ち出し導入しました」(写真:敬愛大学 理事 事務局長 兼 キャリアセンター長 高田 茂様

佐藤:
「御校の少人数制の必修キャリア講座遂行にあたり、カリキュラム、テキスト作成から各クラスのファシリテーターに至りキャリアセットをお選びいただき大変光栄です。
さて、大教室で大勢の学生に向けて1人の先生が担当するキャリア講座に対し、今回の少人数制のキャリア講座ではどのような効果を期待されているのでしょうか?」

高田様: 
「我が校では、少人数制クラスを導入することにより、学生一人一人をケアしボトムアップすることに加え、やる気のある学生のレベルを上げていくということを目標としています。
一般に、キャリア講座では単位を取得することを必修としている大学が多く、キャリア教育の本来の目的である自分を知り自分を磨くというよりは、単に単位を取ることを目的とする学生が半数いるのではないかと、私は問題視しています」

保倉様_2.jpg保倉様: 
「付け加えるならば、我が校のキャリア教育では専門教養とか一般教養を教えるのではなく、生き方について学ぶ場を提供したいと考えていることがあります。
でもそれは、知識だけでは不十分だと思うのです。学生が自分で体感して気づくことで効果があると思います。ですので、大人数の講義形式ではなく少人数のグループワーク形式にしたわけです」(写真:敬愛大学 キャリアセンター室長 保倉 行敏様


「学生がクラスメートとコミュニケーションがとれ、ゼミで手を挙げるように」

佐藤: 
「今回、少人数制のキャリア講座をキャリアセットに委託されてみていかがでしたか?」

保倉様: 
「学生の感想文に顕著に表れています。私が最も印象に残ったのは、『少人数制のキャリア講座の授業では、最初は大変だったが、だんだん楽しくなった』という学生からのフィードバックです。クラスの実施回数を重ねるにつれ、学生がクラスメートとコミュニケーションがとれるようになり楽しく感じるようになった、と解釈しています。
教員からは、『ゼミでも手を挙げる学生が増えてきた』と聴きますし、今年4月初めの在学生ガイダンスでは、出席率が例年に比べ高く態度もよかった。
少人数のキャリア講座が効果をもたらしていると感じています」

「学生が早期に就職活動を意識し、自らの意志でキャリアセンターを訪れ始めています」

佐藤: 
「1年生向けの少人数制の必修キャリア講座に加え、今年は御校の2年生向けの講座もキャリアセットが担当させていただいておりますが、御校の1、2学年の学生のみなさんが今後3年・4年となり実際の就職につながるよう取り組んでまいります。また、キャリアセンターにキャリア相談で来訪する学生は従来4年生または3年生とのことですが、最近では昨年度キャリア講座を受講した新2年生が現れはじめているとお聴きしています」

保倉様: 
「はい。これまで教職に関する問い合わせでキャリアセンターを訪れる1,2年生はいたものの、一般企業に対してというのは私の記憶にはありませんでした。しかし、今年は昨日も一般企業への就職関連で2年生がやってきました」

佐藤: 
「今後の2年後の学生さんの進化が楽しみですね!」

保倉: 
「そうですね!」

授業を担当するキャリアセットのファシリテーターについて

佐藤: 
「今回、キャリアセットをお選びになった理由を教えていただけますか?」

1年生少人数制キャリア講座風景_2.jpg保倉様: 
「理由は2つあります。1つ目は、佐藤社長ご自身が納得した方をファシリテーターとして選ばれているということがあります。実際、他の会社でそこまで検討できているか、私は疑問です。
御社の場合は、実際にファシリテーター選考にあたり、彼らが話される内容や研修での姿勢で選ばれており、まずその点が大きいですね。
2つ目は導入してみて思ったことですが、御社のファシリテーターのみなさんは大変熱心じゃないですか。我が校で研修を実施したときや、キックオフミーティングの際での姿勢ですとか。
毎回、ファシリテーターのみなさんは授業開始時刻よりかなり早く来て準備され、教室前でスタンバイされる。授業後はファシリテーターの方々で毎回1時間ぐらい協議をされているのは、すごいと思います。
また、ファシリテーターそれぞれの方に特長があり、バラエティに富んだところがよいと思います。
我々としては平均的な方を望んでいるのではなく、特長に応じて学生に対応いただけるところを評価しています。
また、我が校では少人数制のキャリア講座を導入したばかりということで、我々も走りながら改善してきたわけですが、そうしたときに、御社の方々からご意見をいただけたのはありがたいです」(写真:1年生向け必修少人数制キャリア講座の様子)

佐藤: 
「今後、御校のキャリア講座において、キャリアセットに期待することを教えてください」

保倉様: 
「まずは、一つは今までどおりおつきあいいただきたい、というのが絶対的にあります。
もう一つは、これまでやっていただいていることですけれども、今後もさらによくしていきたいため、運営の上課題もでてくると思いますので、引き続き御社から意見をどんどんいっていただきたいです。
みなさんのお知恵をいただきながら良いものを作っていきたいと考えています。今回のキャリア授業の補助資料についても、大変助かっています」

キャリアセットのキャリア・コンサルタントを選んだ理由

佐藤: 
「今回、敬愛大学様にてキャリアセットにキャリア・コンサルティングを委託された経緯を教えていただけますか?」

保倉様: 
「少人数制キャリア講座のファシリテーターと同様に、佐藤社長ご自身がよいと思うキャリア・コンサルタントを選んでいただいているということと、みなさん熱心である、という2点に加え、バラエティに富んでいるというのが強いと思うのです。
企業さんに強いとか、エントリーシートに強いとか、マナーに強いとか、面接に強い方ですとか。経験もそれぞれ異なり、特長があるところがありがたいです」

佐藤: 
「実際に、今回キャリアセットにキャリア・コンサルティンググを委託してみて、いかがでしたでしょうか?」

保倉様: 
「我が校は小規模大学ですけれども、それでも職員で全学生をみていくというのはなかなか難しいなか、キャリアセットのキャリア・コンサルタントのみなさんに来ていただくようになって、学生一人一人への対応ができるようになったことはものすごく大きいことだと思います。
それによって、就職活動に関する学生の時期別の傾向を含め、きめ細やかな把握ができるようになりました」

佐藤: 
「今後の敬愛大学様でのキャリア・コンサルティングにおける、キャリアセットへの期待・メッセージをいただけますでしょうか」

保倉様: 
「キャリアセットの方々に支えてもらっている、勇気づけられていることがありがたいです。今後も学生に対し、できる限り全学生に向けて手厚くできる対応をいただきたいです」

敬愛大学様が目指すキャリア教育の実現に向けて

高田様_保倉様_キャリア講座ファシリテーター_Hチーム.jpg佐藤: 
「今後、キャリア教育における御校のありたい姿と、その達成に向けてキャリアセットに期待することを教えてください」

保倉様: 
「これまでに取り組んでいるキャリア講座・カウンセリング等の試みを通じて、大学の環境を変えていきたいと考えています。
我が校では、独自に掲げる社会人基礎力の『チバイチバン®』に取り組みながら、将来に向かっていく大学としてより広く認知されたいと考えています。
我が校にとり、キャリアセットさんは他の予算を削ってまでも必要とするパートナーとしてなくてはならない存在です」

佐藤: 
「本日は、お忙しい中にも関わらず貴重なご意見を誠にありがとうございました」

(写真 前方:左から敬愛大学高田様、キャリアセット佐藤、敬愛大学保倉様、後方:キャリアセットファシリテーター2012年度木曜チーム)

学校法人様向けサービスはこちらをご参照ください













株式会社キャリアセット
CareerAsset, Inc.