企業のお客様 ビジネスマナー

HOME > ForHRManners




最近、企業ご担当者様よりビジネスマナーについてのご相談が増えています
ベテランビジネスマナー講師の秦より
マナーが問われる背景と対策のエッセンスをご紹介いたします

・対談:
・・株式会社キャリアセット ビジネスマナー講師 秦 聡子 (プロフィール詳細は下段を参照ください)
・・株式会社 キャリアセット代表取締役社長 佐藤恵子

マナーをめぐる、企業人事の方々からよせられるお悩みとは

佐藤: 
「新入社員研修や新入社員フォロー研修のご依頼が増えています。当社秦は、多くの企業様に向けて個別の課題にお応えするセミナーの企画・実施を担当しています。スライド1.JPGそれでは、どのようなお悩みが多いのか聞いてみましょう

: 
「はい。最近、入社時点での社会人としての姿勢を課題に挙げられる企業様が多いです。もちろん厳しい就職戦線を勝ち抜いてきた方々なのですが、先ずは社会人という立場を明確にしないと、ビジネスマナーを守ることの意味が理解できません。就職活動を通じ基本的なことは身についているかと思いきや、意外に誤った形で覚えてしまっている方が多いです。一つひとつのマナーには必ず理由がありますので、理解納得していただきます。入社直後に社会人としての立場を認識し、正しいビジネスマナーを身に付けることは、その後行なわれる社内教育の受講姿勢と習得度合いに、大きく影響します

ビジネスマナーにおいて陥りやすい点とは ~入社直後・配属後~

秦:
「誰でも新入社員時代は緊張していますが、近年どの企業様でも課題となるのが、依存心の強さと受身姿勢です。
『失敗したくない』『誰かに指示して欲しい』という自信のなさが目立ちます。『上手く出来ないからしない』=『いつまでたっても上達しない』方が多く、これでは本人の意欲自体も疑問視されてしまいます。社外では、社章を付けていても態度姿勢が学生という方も春先には散見されます。社会人としての立場を認識した身を律した行動が、入社直後から求められています」

佐藤:
「それでは、配属後についてはどうでしょうか?」

秦:
「配属後は実務を通じ、ビジネススキルに徐々に自信がついてきます。しかし職場の雰囲気に慣れ、自分の居場所が確保できたと思った頃から、実は注意が必要です。
例えば身だしなみについて、つい派手なネイルアートで出社したり、夏場に露出の多い服を着て来たりという声が挙がっています。男性からは指摘がしにくいですよね。おしゃれと身だしなみの区別が付けられないと、せっかくできつつある良い評判を、落としかねません。また、言葉遣いについては、『なれなれしさ』と『親しみやすさ』のはき違いが課題です。敬語の使い方への苦手意識を根強く持つ方が極めて多いのです。今後は大人として、言葉の使い方一つにその方の品格が出てしまうので、間違ったことのない様正しく確認しておきたいものです」

佐藤: 
「こうした企業様のお悩み~特に基本的なビジネスマナーについて、当社が提供する『新入社員研修』及び下半期の『新入社員フォロー研修』がありますが、具体的にどのようなものか、またどんなお声をいただいていますか?

ビジネスマナーの基本を確認し、率先垂範できる先輩社員へ

秦:
「『新入社員研修』では、学生と社会人との違いを明確にするところから始めます。社会人として必要な5つの意識:顧客・コスト・目標・改善・安全をベースとする仕事の中でなすべきことを学び、求められる2つの能力:人間関係能力・実務能力を、2日間のトレーニングを通じて体得します。
下半期にご要望が多い『新入社員フォロー研修』では、ビジネスマナーの基本を見直します。仕事に慣れ、『応用』が『我流』」に、また『慣れ』」が『ダレ』」なり始める時期です。『こんなことはもう出来ている』と思っている方ほど他者に伝わる表現ができていない、つまり『出来ていない』ケースを目の当たりにします。改めて正しく身に付けることにより、誰もが率先垂範できる、プレゼンテーション1.jpgつまり来年度新たに入社してくる新入社員の、良き先輩社員となる準備ができます。併せて仕事に於ける現段階での課題を抽出し、具体的な目標を設定します」

佐藤:
「それでは、実際に研修を受けた方にはどのような変化があらわれたのでしょうか?」(写真左: キャリアセット 代表取締役社長 佐藤恵子)

秦:
「『新入社員研修』では、社会人としての意識を学ぶことにより、時間を守る、成果を意識する、行動するなどプレゼンテーション2.jpg目に見えて取り組みが変わり、表情も社会人らしく引き締まってきます。初めは言い慣れないビジネス特有の言い回しも、繰り返し練習することにより必ず上達します。
最後の1人ができた時には拍手喝采となり、本人は嬉し涙(笑)ということもあります。グループワークやペア実習など各項目に全員が真剣に取り組み、同期との絆が深まる2日間でもあります。
『フォロー研修』ではまず、半年間で忘れている基本事項の多さに驚かれます。もちろん仕事では応用が大切なのですが、『基本なくして応用なし』ということが認識できると、大変積極的に取り組んでいただけます。繰り返し練習することにより、正しく誰から見てもわかるビジネススキルが身に付き、どの様な場面にも応用できる自信が持てます。2年目に向かっての具体的な取り組みも明確になり、皆様一様に明るい表情と元気な声で職場に戻られます」(写真右: キャリアセット ビジネスマナー講師 秦 聡子)

佐藤:
「新入社員の皆様がビジネスマナーを正しく体得し、今後の社会人生活に活かしていただきたいですね」

秦:
「そうですね。基本を一から学ぶ機会は新入社員時代だけです。失敗も次に活かせばとても意味のあるものとなります。生涯に渡って使えるビジネスマナーを身に付けて、胸を張って社会で活躍していただきたいですね」

~知っておきたい!秦先生からのアドバイス~
ジャケット&インナーアレンジ.jpg社会人として、TPOをわきまえたきちんとした服装・小物は、用意しておきたいものですね。

インナーをアレンジすれば様々なシーンで活躍する、品の良いスーツは、とても重宝します。(参考: 写真右 品の良い定番のスーツのジャケットに、柔らかな素材のブラウスを組み合わせた例)

また、A4サイズが楽々出し入れできる大き目のBAGは、必需品です。黒が最もベーシックですが、場面・状況に応じて茶・ベージュ、エナメル素材や明るい色へアレンジするとよいでしょう。(参考:A4サイズが入るBAG/同じ形でも色・素材により印象が変わります)

276MV-48_2.jpg276MV-48_9.jpg276MV-48_8.jpg276MV-48_11.jpg

衣装・撮影協力: ETHIQUE

以下のプログラムはサンプルです。タイトルをクリックすると、詳細をご覧いただけます。

【基礎から学ぶ!新入社員マナー研修】 

新入社員向け マナーの基礎をしっかり学ぶ!

  • 対象者:新入社員
  • 人数:10~40人
  • 時間:2日間
  • 形態:講師のファシリテーションによる参加型セミナー

*貴社の状況・ご要望に合わせ、対象者に適したプログラムへのカスタマイズが可能です。

目的:
・社会人と学生との違いを明確にし、とるべき行動を認識する
・ビジネスマナーの重要性と必要性を正しく理解する
・ビジネスシーンで必要となるスキルを身に付ける

ゴール(実施後の具体的姿):
・社会人として必要な意識を理解し、今後の行動の基盤とできる
・コミュニケーションの重要性を理解した上で、実践できる
・基本的なビジネススキルを体得し、職場で即活かせる

特長:
・それぞれのマナーの背景を理解した上で、納得して身に付けられる
・グループディスカッションやロールプレイングを用い、主体的に取り組める
・実践経験豊富な講師によるファシリテーション

本セミナーは学生からの社会人への橋渡しの役割を果たす為、入社直後の導入が効果的です。
学生と社会人との違いを明確にすることにより、続いて行なわれる社内教育に対する取り組み方も変わります。
ビジネスシーンで不可欠なスキルを、その必要性を理解した上で、繰り返しのトレーニングを通じ体得していただきます。

【目指せ!先輩社員:新入社員フォローアップ研修】

ビジネスマナー・スキルの点検~応用へ フォローアップ研修の決定版!

  • 対象:入社後3か月から半年の社員
  • 時期:7月~10月
  • 人数:10~40名
  • 時間:1日
  • 形態:講師のファシリテーションによる参加型セミナー

*貴社の状況・ご要望に合わせ、対象者に適したプログラムへのカスタマイズが可能です。

目的:
・ビジネススキルを点検し、弱点を補強する
・仕事に於けるコミュ二ケーションの重要性を再確認する
・具体的な行動目標を設定する

ゴール(実施後の具体的姿):
・各自のビジネススキルの弱点を克服できる
・業務やコミュニケーションに於いて、自らのとるべき行動が明確になる
・目標に向かって積極的に取り組める

特長:
・グループディスカッションやロールプレイングを用い、主体的に取り組める
・実践経験豊富な講師によるファシリテーション

 職場環境に慣れつつある中で、我流に陥りがちなビジネススキルを点検、修正します。
 新人指導にあたられた上司・先輩方の声から、具体的な課題と解決のための行動を抽出し、今後の行動につなげます。

秦 聡子 (はた さとこ) /ビジネスマナー講師

スライド1.JPG専門商社海外室勤務を経て、客室乗務員として航空会社に入社。国内線を乗務後、国際定期便就航に伴い第一陣として太平洋路線、ヨーロッパ線を中心に乗務する。主にビジネスクラス、ファーストクラスパーサー及び新入客室乗務員のインストラクターとして訓練を担当する。

退職後、ホテルにてコンシェルジュ・デスクを専任。その後企業研修講師として、接遇、ビジネスマナーなどを中心に、今日まで延べ3万5千人余の受講者と関る。受講者のモチベーションを上げ、スキル体得を図るトレーニングを中心とした研修を得意とする。

大学キャリアセンターにて新卒及び既卒者への、カウンセリングを担当。複数大学に於いて、就職支援講座や大学生活マナー講座も実施する。また転職者及び障がい者の、就職支援やキャリアデザインに携わる。併せて客室乗務員再雇用制度第1期生として航空会社に再入社、再度の専門訓練を経て、非常勤で5年間乗務する。

2011年度より、大学非常勤講師としてビジネスマナーを担当。
キャリアセットでは、ビジネスマナー講師としてマナー講座およびキャリアコンサルティング業務にて活躍中。

・厚生労働省指定キャリア・コンサルタント能力評価試験(CDA)合格

衣装・撮影協力: ETHIQUE

03.jpg












株式会社キャリアセット
CareerAsset, Inc.