コラム「ココロと身体に聞く!効く!プチエクササイズ」

HOME > コラム「ココロと身体に聞く!効く!プチエクササイズ」

キャリアセット柿島由香の新コラム
「ココロと身体に 聞く効く!プチエクササイズ」

キャリアを進めるうえで基本となるのは、ココロと身体が元気であること。
自分のココロに聞いてみて!自分の身体に効いていく!
プチエクササイズで快適にすごしましょう♪

kaki.JPG★著者プロフィール★
柿島 由香(かきしま ゆか) 
キャリアセット ボディ&マインド コンディショニングトレーナー

大手フィットネスクラブの社員を経て、ヨガ・ダンス・水中運動等の指導を20年間法人の受講者を含む延べ20万人以上に指導する傍ら、2003年より上記における全国の指導者育成を目的とする講習のプログラムの開発・実施に携わる。温かく個別のレベル・ニーズに応じた的確な指導において定評がある。
キャリアセットでは、学生・社会人向けの講座等において心身を整えパフォーマンスを向上させるためのプログラムの開発およびファシリテーションを手掛ける。

日本フィットネス協会 エアロビクスダンスエグザミナー アクアスペシャリスト
健康運動指導士

最終回 【総まとめ】階段を活用しよう!

皆様こんにちは。柿島由香です。
12回にわたりお届けしてきました、このエクササイズコラム。
今回は総まとめということで、身近なことから始めましょう!
というお話しです。
残暑が厳しいですが、少しずつ何かを始めてみてください。

○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪

エクササイズは面倒… つらい… 続かない…
そのようなイメージをお持ちの方々に、
『気軽に、身近なところから始めてみましょう!』ということを、
皆様にお伝えしてきました

今回はその、総まとめという事で、皆様が日常で必ず遭遇する場面…
【階段】を活用するご提案です

駅や施設の階段、ご自宅の階段など、毎日身近に接していますが
そのときに皆様はどのような気持ちになっているでしょうか?
『あぁ。階段だ…つらいなぁ…エスカレーターを使っちゃおう』
でしょうか?
では、このように置き換えてみましょうか
『あ!階段だ…ラッキー!エクササイズのチャンスだ!上っちゃおう』
そうなのです
わざわざウォーキングのためにひと駅歩かなくても、
特別な器具を買わなくても
毎日遭遇する階段を上がることで、
十分に日常の運動ができてしまうのです

もちろん、荷物が大きかったり、お子さん連れだったり
膝や腰の具合が良くない…という場合には、
無理をすることはありません

そして全ての階段を、エスカレーターやエレベータ無しで
上がらなくてはいけない…
という事でもありません

出来る範囲で、今までの考え方や見方を少しだけ変えて
少しずつ始めればよいのです

まずは、短そうな階段から、1フロアだけ…始めてみましょうか?

【プチエクササイズ その12 階段を活用しよう】
① 階段とエスカレーターがあった場合、階段を選ぶ
(まずは、ここが一番大切!!!)
② 足の裏全体にしっかりと体重を乗せ、
1歩ずつ踏みしめるように上る
(つま先だけに体重がかかると、踏み外しやすくなります。
かかとまで段上にしっかり乗せましょう)
③ つむじとおへそを引き上げて、上へ引っ張られるように上がる
(重心が低いまま上がると、余計にカラダが重く、疲労を感じやすいです)
④ ももやお尻の筋肉が活発に動くのを感じながら上がる
(筋肉をしっかり動かすことが、シェイプアップや持久力アップにつながります)

【!注意事項!】
※人ごみの場合など、周囲に気をつけて行ってください
 膝や腰などに痛みのある場合は、無理のない範囲で行ってください

そして、是非!
このコラムのバックナンバーと組み合わせて
活用してみてはいかがでしょうか?
第3回掲載の階段ストレッチ や
第7回掲載のご機嫌ウォーキング

または、疲れを感じたら
第6回掲載の呼吸法 や
第10回掲載の手のひらリラックスなど

いつでも、どこでも行うことが出来ます

最終回 階段エクササイズ.jpg大切なのは
エクササイズは特別なことでなく
『皆様の生活のあちこちに、いつでも見つけることが出来る』
ということなのです

さあ。身近なことから、気軽に何か始めてみましょう!!

どうぞ皆様のライフスタイルが
快適でエネルギーに溢れてHAPPYでありますように
と、ココロから願っております

自分のココロに聞いてみて!自分の身体に効いていく!
プチエクササイズで快適にすごしましょう♪

○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪

(2015年9月1日掲載)

第11回 水のチカラを感じて歩いてみよう!

皆様こんにちは。柿島由香です。
『暑いですね!』という言葉が挨拶になり、
夏真っ盛りとなりました。
この季節、プールや海で水浴びの機会も多くなりますね。
せっかくですので、水浴びもエクササイズに変えてしまいませんか?
気持ちよさとシェイプアップの一挙両得の方法をご紹介します。
○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪

この季節、プールや海で遊ぶ機会も増えてきます
そんな時、皆さんは水の中でどのように過ごしているでしょうか?
『水に浸かって、波にゆらゆら揺れているだけ』
『泳げないので、浮き輪で浮いているだけ』
という方…とても気持ち良くてよいですよね
ですが、それでは少しもったいないかもしれません…!

水中で体を動かすことで、
陸上の数倍もシェイプアップ効果が期待できるとしたら
いかがでしょう?
実は、ちょっと意識を変えるだけで、
水のパワーを体感することができるのです

水は空気よりも密度が高く、
腰や胸の位置まで浸かった状態で体を動かすと
大きな抵抗が生まれます
プールや海で前に進もうとしても
思うように手足が動かないですよね?
これは水流や水圧などにより
私たちの体に抵抗を加えられて『重く』感じているからです

そこで! この『重さ』を逆に利用して、
簡単なエクササイズを行ってみましょう
激しく動かなくても、泳げなくても、顔を水につけることなく、
どなたでも気軽に行える『水中ウォーキング』をご紹介します

8月プチエクサコラム画像.jpg【プチエクササイズ その11 水のチカラを感じて歩いてみよう】
① 通常よりも、ももを高く上げて遠くを見るように歩きます
高く上げた後は、足の裏で水をしっかりと踏みしめて歩きます
② ①を基本にして次は膝を曲げ伸ばしします。
ボールを遠くに蹴るように歩きます
蹴った脚を遠くに着地して、大きな歩幅で歩きます
③ ①を基本にして次は両腕も使います。
水を掻き分けたり、胸から前に押し出したりしながら歩きます
または、歩かなくてもその場所で、水をかきまぜたり、
上から下に押したりと腕を大きく動かします

どのエクササイズも、
・おへそを引き上げて、胴体の部分を正面にしっかり向けて行います
・大きく息を吐きながら行います

 【!注意事項!】
※足の着く深さで行いましょう
体調に配慮し、無理のない範囲で行いましょう 
水分補給を心がけましょう

お友達や家族と出かけた海やプールでも、
ちょっとした心がけでシェイップアップを目指すことができます
泳げなくても、潜らなくても、
気持ちよく手や足を水中で思う存分動かしてみましょう

この、簡単水中ウォーキングを実践してみて、
もっと色々な運動を行ってみたい! 
他の方法も知りたい!
そのように思った方は、フィットネスジムなどのプールを
利用してはいかがでしょうか?

でもまずは、気軽に出かけたレジャー先で試してみてください
出来る範囲で少しずつ行ってみることが、
毎日を元気に健やかに過ごしていく コツ なのです

自分のココロに聞いてみて!自分の身体に効いていく!!
プチエクササイズで快適にすごしましょう♪

○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪
(2015年8月1日掲載)


第10回 梅雨時こそ、わたしの「手のひら」で手軽にリラックス♪

皆様こんにちは。柿島由香です。
梅雨の季節…恵みの雨ではあるけれど、
やはり気分がすっきりとしないこともありますね。
そのようなときに簡単な筋肉のリラックスはいかがでしょうか?

○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪

子供の頃、痛みのある場所を手で擦りながら
『痛いの 痛いの 飛んでいけ~』と唱えられると…
不思議と痛みが飛んでいった…! 
などという経験はないでしょうか?

手のひらで触れたり、撫でたりすることで
痛みや苦痛を和らげる効果があるということは
『手当て』という言葉とともに広く認知されています

その『手』は、信頼のおける相手であれば
効果は高いとも言われています
もちろん、気持ちを許している近しい人の手は
何よりも安心しますよね
では、自分自身の『手』を使って、
疲れた身体やココロを和らげることは出来ないでしょうか?

今月は、筋肉を優しくほぐし、
気持ちもほぐしていく方法をご紹介しましょう
気軽に、いつでも行うことができて、
何よりも自分がちょうど良いよいと
感じる加減で行うことができます

方法は、
特に緊張や疲れを感じる部分の皮膚表面を、
手のひらで優しく撫で、擦ります
今回はリラックスを促す目的ですので、
身体の中心に近い部分から外側に向けて(末端に向けて
動かしてください
(逆に動かすと筋肉や神経を活発にさせてくれます)

こうすることで、緊張していた部分が和らぎ
リラックスの手助けとなるでしょう

7月プチエクサコラム画像.jpg【プチエクササイズ その10 手のひらで撫でるリラックス】
特に疲れを感じやすい部分3か所をご紹介します
① 首筋を上から下に向けて、手のひらで数回、流すように擦ります
前面、側面、後頭部側など、
緊張していると思われる部分に行います
特に柔らかい部分なので、できるだけ優しいタッチで行うましょう
② ふくらはぎやスネなど膝から下へ向けて、
手のひらで数回、流すように擦ります
首筋よりもやや強い力加減でも良いかもしれません
③ 手のひらは、指先を使って、
中央から末端へと広げるように擦ります
指1本ずつも、付け根から指先を向けて擦ります

それぞれ、痛みなく、気持ちよいと感じる強さと回数で行ってください


 【!注意事項!】
※刺激や痛みを感じたら中止しましょう。
皮膚の摩擦に弱い方などは、医師の診断の元で行いましょう。

このコラムの第8回に掲載しました
「足指などを活発に動かして歩きやすくする」と
似たような写真になっていますが、
今回の方法は、より優しいタッチで、
柔らかく撫でるように行ってみてください

じめじめした季節ですので、シャワーの後や、
ボディパウダーとつけた後など、
心地よい条件で試してみてはいかがでしょうか?

自分のココロに聞いてみて!自分の身体に効いていく!
プチエクササイズで快適にすごしましょう♪

○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪

(2015年7月1日掲載)

第9回 夏に向けて、お腹周りのエクササイズで姿勢&ボディラインを美しく!

皆様こんにちは。柿島由香です。
今年は、夏の到来がやや早そうですね。
薄着になる季節に向けてボディラインを整えていきましょう。
無理なく出来るウエスト引き締めのエクササイズをご紹介します。

○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○

ウエスト部分の引き締めは、誰でも気になっている事柄でしょう
ですが『腹筋運動』と言われると、
キツい・苦手というお声も大変多く聞かれます

では、お腹周りのエクササイズを行うことで、
どのような効果があるのでしょう?
ウエストの引き締めだけでなく、腰部の不具合を改善したり、
姿勢を美しくしていく効果も期待できるとしたら…いかがですか?
更に、ちょっとした方法で
『キツ過ぎず・簡単に行える』としたら…いかがですか?

『あ…少しなら、やってみようかな…』
そう思ったなら、この後イラストと解説を是非読んでみてください!

多くの方がイメージしている『上体起こし』の運動ではなく、
逆の発想で、後ろに寄りかかるようなエクササイズをオススメします
そのときのポイントは 2つ です!
◆ おへそを凹ませる
◆ 呼吸を意識する


【プチエクササイズ その9 簡単お腹ひきしめエクササイズ】
お腹周りエクササイズ.jpg① 足を腰幅くらいに置いて膝を立てます
手は軽くももの辺りに置きます(腕や肩に力を入れないように)
② おへそを覗きながら、少しずつ後ろに寄りかかるようにしていきます
下腹をぺたんこに凹ませて、細長く息を吐き出します(3~5秒かけて)
③ 足が浮き始める前に、戻ってきます(倒れすぎず、戻れる範囲で)

まずは、3~5回 出来る回数から始めて、
徐々に増やしていきましょう
慣れてきたら、5~8回を休みを挟んで数セット など出来るようになってきます

行う際には、上記のポイント 2つ!
を是非、意識して行ってください

更に、昨年11月に掲載しました
【プチエクササイズその2 内ももと下腹を引き締める】
と合わせて行うとより効果的です


 【!注意事項!】
※室内で行う場合でも、温度調節に注意し、水分補給を行いましょう
 めまいや疲れを感じたら、中止しましょう

簡単お腹ひきしめ
『やってみようかな…』と思った方は、是非!実行に移してみてくださいね

自分のココロに聞いてみて!自分の身体に効いていく!
プチエクササイズで快適にすごしましょう♪

○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○

(2015年6月1日掲載)

第8回 足を動かして歩き方・立ち姿勢を美しく!

皆様こんにちは。柿島由香です。
前回は『元気になる歩き方』をご紹介しました。
今回は、その『歩く』為にとても重要な身体の一部分
についてのお話しです。
○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○

立つ 歩く 走る 
私たちが日常、何気なく行っているこの動作を行う為に
大活躍してくれているのは…
そうです!『足』なのですね

現在の靴は、クッション性やホールド製の良いものや、
デザイン性に優れたものが多くなってきていますね
それは素晴らしい発展なのですが、反面、
人間本来の『足』の活動を狭めているかもしれません
考えてみればかつて日本人は、わらじや草履などの履物で、
足裏や足指を活発に使って動いていたのです

では、足裏や足指を使わないと何が起こるのでしょうか?
確かに、クッション性やホールド製の良い靴は
身体を守ってくれますが、足本来の動きやはたらきが
十分に発揮できていないかもしれません
その結果として、下肢の疲労を感じたり、
姿勢不良からくる膝痛や腰痛へとつながることも考えられます

そこで、簡単に出来る、
足を動かすエクササイズをご紹介します

このエクササイズは、いわゆる『つぼ押し』や
『リフレクソロジー(反射区を刺激する施術)』とは異なり
 ・脚の動きを活発にする
 ・足本来のはたらきを導き出す
事を目的にしていきます

足のエクササイズ.jpg【プチエクササイズ その8 足を活発に動かすエクササイズ】

① 足の甲から指先に向けて、1本ずつほぐすように動かしていく
② 手の指と組み合わせる(痛みのない範囲で)
指を開く・反らせる・かかとを中心に大きく回す 等
③ 土踏まずを大きく曲げる・足全体をタオルを絞るように動かす

足指・足の甲・土踏まず・くるぶし・足首
を心地よく動かして、軽やかに活動できる準備をします

このエクササイズの後に、立ち上がって素足で歩いてみると
足が軽く歩きやすく感じられるかもしれません!
疲れを感じたときなどに気軽に試してみてください

これから、素足になることも多くなる季節です
足を活発に動かして歩き方や
立ち姿勢を美しくしていきましょう

 【!注意事項!】
※痛みや違和感を感じる場合は、
 無理に行わずに中止しましょう
 写真は靴下を着用していますが、
 ご自身で行う場合、素足でも構いません


自分のココロに聞いてみて!
自分の身体に効いていく!
プチエクササイズで快適にすごしましょう♪
○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○

(2015年5月5日掲載)

第7回 Walking Walking ♪

皆様こんにちは。柿島由香です。
すっかり暖かくなりました。コートを脱いで軽やかになる季節です。
身もココロも軽くなったところで、
それに相応しい歩き方をご紹介します。
○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪

誰にでも、気軽に始められるということで
『ウォーキング』は人気のエクササイズのひとつです

そうは言っても…ウォーキングを始める!
となると、ウェアやシューズを用意して、
正しい歩き方を学んで…
など、少し敷居が高いと思っていらっしゃる方も
多いかもしれませんね

もちろんエクササイズとしては、適した服装や
ケガをしないためのフォームやストレッチなどを
学ぶことはとても大切です

ですが
今回は、難しいことを抜きにして
私服のままで、通勤・通学・お買い物などのときに
いつでもできる『元気になれる歩き方のコツ』
をご紹介いたします

ポイントは 3つ だけです!

歩く姿勢.jpg【プチエクササイズ その7 元気になる歩き方】

ポイントその① おへそを正面(進む方向)に向ける
 自分が進みたいと思う方向に
 しっかりとおへそを向けて歩いていきましょう

ポイントその② つむじを空に向ける
 背が高くなっているような気分で、
 つむじを上に引き上げて歩いていきましょう

ポイントその③ ご機嫌な気持ちを忘れずに
 余分な意気込みは抜きにして、
 気分よく気楽に歩いていきましょう

え?これだけ?とお思いですか? 
これなら簡単に行えそうでしょうか?

実は…!!!
この3つのポイントを行うことで
いつの間にか姿勢が整い、
呼吸も心地よく行えているのです

例えば
通勤時は深刻な考え事をしているかもしれません
また、エクササイズウォーキングを心がけている方は、
ついつい意気込んでいるかもしれません
スマホに釘付けで、ずっとうつむいているかもしれません

そのようなシチュエーションのときにこそ
この3つのポイントをぜひとも思い出してみてください

 おへそ (進む方向に)
 つむじ (空に向けて)
 機嫌よく (♪♪)

このように、小声で唱えながら歩いてみるの
もよいかもしれませんね

新しい季節に、服装もココロも軽やかに過ごしていきましょう


 【!注意事項!】
※荷物が重いときなどは、片手に偏らないように心がけましょう


自分のココロに聞いてみて!自分の身体に効いていく!
プチエクササイズで快適にすごしましょう♪
○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪

(2015年4月1日掲載)

第6回 シーンによって呼吸法を使い分けてみよう!

皆様こんにちは。柿島由香です。
少しずつ春の足音が聞こえてきました。
縮んでいたココロと身体を開放したい季節です。
まずは、大きく呼吸をしてみませんか?
今回は呼吸法のお話しです。
○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○

以前のコラム『心と身体のビタミン』の11月号で、
呼吸と自律神経について書かせていただきました
今回は、その呼吸について具体的な方法を2種類ご紹介いたします

まず、自律神経には2種類あって
気持ちや身体を落ち着かせる【副交感神経】と
気持ちや身体を活発にさせる【交感神経】が
互いに作用し合って、ココロと身体のバランスを保っています

通常この自律神経は、無意識に活動しているのですが、
呼吸法を活用することでコントロールすることが出来るとされています

その1 腹式呼吸
腹式呼吸を行うことで、副交感神経を優位にし、
気持ちを落ち着かせ、リラックスを促します
また、血圧上昇を緩やかにする効果もみられます
日常よりも、長く深く呼吸をすることが出来るようになり
首や肩周りの緊張をほぐしながら行うことが出来ます

その2 胸式呼吸
胸式呼吸を行うことで、交感神経を刺激し、
身体を活発にしていく効果があります
お腹を引き締めたまま行うので、姿勢を維持したままで、
多くの酸素を身体に取り込むことができます
活動的なシーンや、運動時などに効果的とされている呼吸法です

それぞれのメリットを踏まえて、
実際にプチエクササイズとして行ってみましょう


呼吸法.jpg【プチエクササイズ その6 お腹や胸いっぱいの呼吸法】

腹式呼吸
 立ったまま・いすに座って・あお向けに寝転んで 
 どの姿勢でも行うことが出来ます
 両手をお腹にあてると解りやすい場合はそうします
 ① お腹がペタンコになるくらい、
   息を吐くところから始めます
   おへそを身体の奥に凹ませるようにしながら、
   細長く息を吐いていきます
   (3~6秒くらい時間をかけて)
 ② 息を吐ききったところへ、お腹が大きく膨らむ位、
   息を吸い込みます
 ③ 十分にお腹が膨らんだら、また①に戻ります

胸式呼吸
 立ったまま・いすに座って・体育座りの姿勢で 
 行うことが出来ます
 両腕は楽な位置に置きます
 ① あばら骨を拡げるようにして息を吸う
   (背中やわき腹が膨らむように)
   このときに、腹式とは違いお腹を引き締めて行います
 ② 十分に拡がったら(膨らんだら)細長く吐いて
   胸廻りをしぼませます
 ③ お腹を引き締めたまま、①に戻ります

【!注意事項!】
※めまい等を感じたら楽な呼吸に戻してください
※写真は解りやすいように身体に手を添えていますが、
皆様が行う場合は、楽な位置に腕を置いて行ってください

例えばこのような場面で

緊張が続いて、肩や首が窮屈だと感じたら……
 → → → 腹式呼吸でリラックスを促す

身体や脳を活発にしたい、
良い姿勢を保って人前に立ちたいときには……
 → → → 胸式呼吸で活動的なスイッチを入れる

と、使い分けてみてはいかがでしょうか?

どちらの呼吸法も、日常よりも深く長く多くの酸素をやりとりすることで
皆さんのココロと身体をコントロールしていきます

近年、日常的に、呼吸が浅く短くなっている方が多いといわれています
いつでもどこでも、気付いたときに、気軽に行ってみてください

自分のココロに聞いてみて!自分の身体に効いていく!
プチエクササイズで快適にすごしましょう♪
○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○
(2015年3月1日掲載)


第5回  寒い時期にこそ首回りのストレッチ!

皆様こんにちは。柿島由香です。
寒い日がまだまだ続きます。
身体やココロが縮んだりこわばっていないでしょうか?
特に特に【コリ】を感じやすい首・肩周りのストレッチをご紹介いたします。
○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○

寒い時期には、身体を動かしたくない…
少し厚着をして、じっと耐えている…
肩がすくんで、前かがみの姿勢になってしまう…

そのような方も多いのではないでしょうか?

実は、首周りをケアすることで、
血流をよくして体温を調節に役立てることができるのです。

ヒトの頭部は体重の約1割の重さがあるといわれています。
体重50kgの人であれば、約5kg…!
お米の袋と同じ位の重さを、細い首で支えているのです。
そのため、筋肉が緊張し血流が悪くなりやすいのです。

そんなストレスを毎日抱えている首周りには
優しくケアしてあげることで、緊張をほぐしてあげたいですよね。

又、首筋には、大きな血管(大動脈)が通っていますので
暖めたり・冷やしたりすることで、その温度を全身へと運んでくれる
大事な役割があります。
寒い時期に、首周りを暖めることは、
身体全体を暖めることにつながるというわけです。

そこで、今月は首周りのストレッチをご紹介いたします。

【プチエクササイズ その5 首周りを優しくストレッチ】
首回りのストレッチ.jpg
① 首の横 頭を片側に倒して、軽く手を添える。反対側の肩を1度大きくすくめる
② 持ち上げた肩を、ゆっくりと下に下げ、5~10秒伸びを感じる
③ 角度を変えながら、気持ちが良いと感じる場所で、また5~10秒保持する
(反対側も同様に行う ①~③)
④ 両手のひらで後頭部を包むように保持し、首の後ろに伸びを感じる
強く前に倒すのではなく、斜め上に引き上げるように行う
⑤ 両手のひらで鎖骨あたりを押さえながら、首の前に伸びを感じる
首を後ろに倒すのではなく、あごを引き上げるように行う
⑥ ゆっくりと、頭を1周回してみる
勢いをつけずに、頭の重みを感じながら行う


 【!注意事項!】
※ゆっくりと少しづつ力を加えるようにしましょう。
痛みを感じたらストレッチを中止してください。

10月度のコラムでご紹介しています
【プチエクササイズ その1 肩周りをすっきりと】
と、一緒に行うことで、更に効果的に首周りのケアができます
是非そちらも一緒に試してみてください

パソコンの前で、同じ姿勢が続いたとき
寒い場所で、肩がすくんでいると感じたとき
就寝前に身体を温めたいとき

いつでもどこでも、気付いたときに、気軽に始めてみてください

自分のココロに聞いてみて!自分の身体に効いていく!
プチエクササイズで快適にすごしましょう♪
○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪

(2015年2月2日掲載)

第4回  年の始めに、第一印象を高める素敵な表情を!

新年おめでとうございます。柿島由香です。
新しい年を迎え、新たな出会いなども多くあるのではないでしょうか?
年の始めに、第一印象を高める素敵な表情をつくりませんか?

○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○

年始のご挨拶など、人と顔を合わせることも多くなります
そのようなときに、第一印象を高める
大きな要素となるのが顔の表情です

顔の周りには【表情筋】と呼ばれる30以上もの筋肉があり、
それらの細かな動きで様々な表情を作り出しています
この【表情筋】は鍛えることができるのです!

目や眉・口元の動きが豊かな人は、
明るく親しみやすい印象を与えることが出来ます
また、【表情筋】を鍛えることでたるみの改善にもつながり、
美容効果も期待できるでしょう
そして、口を動かし唾液を多く出すことで、
自浄作用にもつながり、風邪等ひきにくくなる
と言われています

最近では、ローラーや口に咥えるトレーニング器具なども、
多く目にするようになりました
もちろん、器具を使うことも有効ですが、
何も使わずに、短時間に自分で出来る方法をご紹介します


【プチエクササイズ その4 顔の体操で表情いきいき】

イラストを見ながら、口・目・首周りを意識して、
顔を動かしてみましょう
1つの動きにつき 3~5秒 ゆっくりと数えてみてください

あー → 口をできるだけ大きく開け、眼球も大きく開く
いー → 口角を横に引っ張るようにする 噛み合わせも感じるようにする
うー → 鼻に着く位に唇をすぼめて、尖らせる
えー → 舌を長く突き出し、あご下から首筋も動くことを感じる
おー → 口を縦長にし、頬を凹せるようにする
ぷくー → 頬を大きく膨らませ、内側の粘膜を十分に引き伸ばす
      舌を動かして、口腔内をまんべんなくマッサージする
      (唾液が出ることを促進する)

鏡を見ながら行ったり、同時に発声することもオススメです
表情筋エクササイズ.jpg

 【!注意事項!】
※あごの関節に痛み、違和感がある場合は、
  運動を小さく又は中止しましょう

このようなときにオススメです
↓ ↓ ↓
◆お目覚めのとき
◆お出かけの前、メイク時やヘアスタイリング時に鏡の前で
◆人と会う前に
◆写真を撮る前に
◆お休み前のリラックス時に

時間も道具も使わずに、いつでもどこでも、気付いたときに、
気軽に行ってみてください

また、繰り返し、続けていくことで
皆さんの、表情が明るくなり、
いきいきと若々しいライフスタイルを送れることでしょう

2015年も
自分のココロに聞いてみて!自分の身体に効いていく!
プチエクササイズで快適にすごしましょう♪
○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○

(2015年1月1日掲載)

第3回  『階段』を使って足の疲れをとろう!

皆様こんにちは。柿島由香です。
短い秋が過ぎ、寒さも本格的になってきました。
これから特に脚の冷えやむくみを感じる季節になります。
今月は身近な『階段』を活用して足の疲れをとるエクササイズをご紹介します。

○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○

皆さんの、お仕事や日常の生活では
『長時間同じ姿勢』を続けるということが多くありませんか?

机上での作業 車の運転 立ちっぱなしでの接客 等…
同じ姿勢の連続で、血流が悪くなったり、筋肉が硬く縮んだり、
関節の動く範囲が小さくなったりしていきます。
1つ1つはとても小さな出来事なので、慢性的になって
普段は気づかないことがほとんどです。

ところが、その小さなことの積み重ねが、
ひいては身体の不調となって現れてくるのですね。

大きな不調に発展する前に【プチエクササイズ】を活用して
日々、コンディションよく過ごせるようにしていきましょう

【プチエクササイズ その3 段差を使って脚をすっきり】

脚の冷えやむくみを感じる方(または、
自覚はしていないが筋肉が張っている方)は多く
これからは特にツライと感じる季節になります。

足首・足裏・ふくらはぎ・ももの前・ももの裏・ももの付け根
と、まんべんなくほぐしていくことが理想なのですが……
『そんなに十分にほぐす時間もないし、やり方もわからない』
という方のために、いくつかピックアップして
簡単なストレッチをご紹介いたします。

今回は、階段など身の回りにある【段差】を活用した方法です。
ご自宅の段差や、オフィスの階段など、
気付いた時にいつでも行えるのでお気軽にお試しいただけます。
(但し、文末の注意事項をよくお読みになった上で行ってください。)

3つのエクササイズをご紹介します。
写真と解説を見ながら、行ってみましょう階段エクササイズ.jpg

赤い矢印の部分が、ストレッチされている場所です
その部分を意識しながら行ってみましょう

① ふくらはぎのストレッチ
片手(または両手で)手すりを持ち、
バランスが崩れない範囲で片足のかかとをゆっくりと段差の後ろへ下ろしていきます。
ふくらはぎやアキレス腱の辺りが、気持ちよく伸びているのを感じたら、
5~10秒保持します。

② ももの付け根から前面のストレッチ
片脚を数段上の高さ(写真では2段上ですが、
身長などに合わせて低い段差等を選んでください)に乗せて、
片手は手すり、もう片方の手はももの上に置きます。
ゆっくりと前の脚に体重を乗せていき、
後ろの脚のももの付け根やももの前面が気持ちよく伸びるのを感じたら、
5~10秒保持します。
顔と上半身を引き上げて、前を見るような姿勢にすると効果的です。

③ ももの裏側のストレッチ
片脚を数段上の高さ(写真では2段上ですが、
身長などに合わせて低い段差等を選んでください)に乗せて、
片手は手すり、もう片方の手はももの上に置きます。
ゆっくりとお尻を後ろに引いて、段に乗せている脚のももの裏側が
気持ちよく伸びるのを感じたら、5~10秒保持します。
背中を丸めずに、顔を前に向けお尻を突き出すような
姿勢にすると効果的です。


 【!注意事項!】
 ※手すりにつかまるなど、しっかりと身体を支えるようにしてください
 ※周りに他の人や物がないか十分に確かめてから行ってください
 ※呼吸はイキまずに、自然な呼吸で行いましょう
 ※痛みや違和感がある場合は、無理に行わずに中止してください


ストレッチを行うことで、血流を促進し、筋肉をほぐしていくことができます
脚のストレッチで、冷えやむくみの対策を行ってみてはいかがでしょうか?

キーワードは【気付いたときに】【いつでも気軽に】です!

自分のココロに聞いてみて!自分の身体に効いていく!
プチエクササイズで快適にすごしましょう♪
○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○

(2014年12月1日掲載)

第2回  この秋、手軽に始められる!姿勢が良くなる!プチエクササイズ

皆様こんにちは。柿島由香です。
スポーツの秋・食欲の秋。などと言われて『何か』しなければ!
と思いつつ実際の行動に移せない…
そのような方にオススメのエクササイズをご紹介いたします。

○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○

このコラムでご紹介するエクササイズのテーマは…
ずばり『プチ』です!

何か大きな決意や、時間のかかる準備は必要なく
気楽に気軽にこのページのイラストや写真を真似てみてください。
今回は、皆さんのお部屋にある、クッションや座布団を利用して
普段は意識をしていない部分を目覚めさせてあげましょう。

二つ折りにした座布団やクッション(写真ではエクササイズボール)を
脚ではさんだり、腰の下で押したりすることで、
内ももや下腹に力を入れるという感覚を覚えていきます。
きついエクササイズ…! ということではなく、
『筋肉を意識する』『力が入るという感覚を知る』
まずはここから始めてみてください。

【プチエクササイズ その2 内ももと下腹をひきしめよう】
3つのエクササイズをご紹介します。
写真と解説を見ながら、行ってみましょう。

引き締めプチエクササイズ.jpg① 座って膝のあたりにクッションなどを挟み、
内ももで押しつぶすように締めていきます。
膝だけで挟むのではなく、ももの付け根や脚の内側全体を
中心に集めるようにしていきましょう。
3~5秒かけてジワジワと挟み、同じ時間をかけて緩めていきます。

② 腰の後ろ(おへそのちょうど裏側辺り)にクッションやボールを
置いてお腹の奥を凹ませるように、後ろへ押していきます。
肩と首を楽にして、目線はおへそを覗くようにしていきましょう。
3~5秒かけてジワジワと押して、同じ時間をかけてもとへ戻します。

③ エクササイズボールなどがある場合は
ボールに座って、ゆらゆらと左右に揺れながら、
バランスをとる練習をしましょう。
姿勢を保とうとすることで、
骨盤周りの筋肉が自然と活動的になってきます。

回数や時間は、特に決まっていませんが、
無理せず続けられる回数やペースが大切です。
皆さんにとって『少し力が入っているな』という感覚を大切に
3~5set程度、行ってみてください。
意識していない、内ももや下腹を引き締めることで
ボディライン整えて、姿勢を美しくする効果が期待できます。

※呼吸はイキまずに、自然な呼吸で行いましょう
※痛みや違和感がある場合は、無理に行わずに中止してください
※エクササイズで「○○の効果があります」と言い切ることは
NGとされていますので「効果が期待できます」と言うような文面になります

自分のココロに聞いてみて!自分の身体に効いていく!
プチエクササイズで快適にすごしましょう♪
○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○

(2014年11月1日掲載)

第1回  肩周りをスッキリさせて、気分もスッキリ!

皆様こんにちは。柿島由香です。
今月より新しいテーマのコラムがスタートします。
小さな幸せを見つけ、小さな変化を加え、その次は何をしよう?
という事をテーマに毎回簡単に出来る【プチエクササイズ】をご紹介していきます。
皆様の日常に少しでも役立てていただければ、
それが著者の【小さな幸せ】でございます。

○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○

これまでのコラムを振り返ると
【明日もHAPPY】では、
日常の中に小さな幸せを見つけていくことをテーマに
【心と身体のビタミン】では、
小さな変化を加えるヒントを綴ってまいりました。
(よろしければ、バックナンバーも合わせてご覧ください)

これまでの内容に共感は出来ても、いざ実践!となると、
何をどうしたらよいのか解らない…
具体的な内容があれば実践できるのに…!
そのような方にもオススメの【プチエクササイズ】
を毎回ご紹介してまいります。

エクササイズなんて、
とても大層な事の様に聞こえるかもしれませんが
実は…思ったよりも簡単なことなのかもしれませんよ!

まずはこのコラムを読みながら、
見よう見まねでやってみてください

【プチエクササイズ その1 肩周りをすっきりと】

肩周りのハリやコリを悩みに抱えている方は非常に多いですね。
またはそれが慢性化していて、
自身でもわからなくなっている方もいらっしゃるようです。
“肩周り”と表記した理由は
肩や首・背中(肩甲骨の周り)や脇の下 
肩だけにとどまらず、周辺全体をほぐすことをオススメしたいからです。

それでは、イラストを見ながら動いてみましょう
プチエクササイズ1肩周り.jpg

① 指先を肩に近付け、ひじで円を描くようにくるくると廻します
前 後ろ 左右交互 8の字など
慣れてきたら、その円をだんだん大きくしていきます。
(※プロ野球のマエケン選手も行っていますね!)

② 前にならえの姿勢で左右交互に、手を遠くへ引っ張ります。
背中から腕が生えてきて、長く伸びるようなイメージです。
慣れてきたら両腕一緒に行うと、
肩甲骨から動くのを感じることが出来るでしょう。

③ 体側や脇の下を伸ばすように、斜めに手を上げます。
真上でなくても顔の前あたり斜め前でもOKです。
自分の中で、出来るだけ遠くへ手を差し伸べているような気持ちです。
例えば日頃からこんなルールを作ってはいかがでしょう?
“自分の右側にある物を取るときは左手で、
左のものは右手で取りにいく”

最後にイラストにはありませんが、
手のひらを思い切り グーパーと 握ったり開いたりを繰り返します。
(強くしっかり握って、指が裂けるくらいおもいきり広げてみましょう)

回数や時間は、特に決まっていませんが
皆さんが『気持ちがいい』と感じるくらいまで5~10回(秒)程度
行ってみてください。
※呼吸はイキまずに、自然な呼吸で行いましょう
※痛みや違和感がある場合は、無理に行わずに中止してください

今月はこの3つ(プラス1)です
いかがですか?本当にプチエクササイズですね
ちょっと疲れを感じたとき、
気分を変えたいときにいつでも行ってくださいね
それは、今。かもしれませんよ。
パソコンの手を止めて、さあ、行ってみましょう。

自分のココロに聞いてみて!自分の身体に効いていく!
プチエクササイズで快適にすごしましょう♪

○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○・♪・○
(2014年10月2日掲載)

キャリアセット柿島由香のコラム「心と身体のビタミン」
2013年10月~2014年9月掲載分はこちからご覧いただけます

第12回~ビタミンコラム最終回~ ビタミンを巡って

皆様こんにちは。柿島由香です。
12回にわたり【ココロと身体のビタミン】をテーマに
様々な事例をご紹介してまいりました。
今回はそもそもビタミンってどういう存在なのか?というお話しです。

○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●

ビタミン剤.jpg【ビタミン】という言葉
私たちの生活に十分浸透し、聞きなれた言葉になりました
栄養素の1つであることはなんとなくわかるが、
私たちの身体にとってどのような働きをしているのか、
詳しくわからないという方も多いのではないでしょうか?

ヒトの身体に必要な栄養素は、様々あります
エネルギーの元となる炭水化物
身体の組織を作るたんぱく質
身体の調子を整えるビタミン類やミネラル類など
ヒトは、自分の身体の中で生成できない要素を、
食事等で摂取して補っているのですね

炭水化物(穀類など)たんぱく質(肉・魚など)と比較して、
ビタミン・ミネラル類の必要な量はとても少ないのですが、
私たちが生きていくうえで大変重要な役割を果たしているのです

ビタミンやミネラルは、身体の各部分のはたらきをスムーズにしたり、
免疫力をつけるはたらきをしていますので、不足すると
・疲れやすい
・関節や筋肉の動きが悪くなる
 ・肌荒れがおきる
 ・気分が落ち込む
などの症状が考えられます

肉や魚や米だけでは、
私たちの身体はうまく機能してくれないということなのですね
そこで私たちは、野菜や果物や海草類なども摂取して、
ビタミンやミネラル類を補っているのです
または、近年はサプリメントなども多く出てきていますので、
それらを活用することも効率の良い方法ですね

さて
このような【ビタミン】に例えて
日常の生活に少しの変化を取り入れて、快適に過ごす方法を
このコラムではご紹介してまいりました
(どうぞバックナンバーも合わせてご覧になってください)

リラックスの秘訣や、身体を心地よく動かすこと
自分の気持ちを心地よく維持していく方法 など…

何も特別なことではなく、ほんの少しだけ何かを変えてみる
そんなことをお伝えしてまいりました

フルーツ盛り合わせ.jpgそれは、とても身近なことで構わないのです
できることからはじめてみてください

【ビタミン】の語源は 
バイタル(生命)からきているともいわれています

毎日のお仕事や勉強以外の小さな出来事が、
皆さんのココロと身体のビタミンとなって
より素敵な日常になっていけば幸いです

○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●
(2014年9月1日掲載)

第11回 本来持っている【ホメオスタシス】を意識してみよう

皆様こんにちは。柿島由香です。
梅雨も明け、いよいよ夏本番になりました。
熱中症なども注意したい今月は、
体温調節のお話しをさせていただきます。

○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●

体温計.jpg前回のコラムでは、夏場の水分補給について
具体的にご紹介しました。
水分をしっかりと摂って、
汗や尿として排出していくことはとても大切なことなのです。
『そうは言っても、出来れば汗をかかないで、快適に過ごしたい』
と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
では、なぜ汗をかくことが大切なのでしょうか?

私たち人間は
【ホメオスタシス(恒常性)】という機能で、
体温などを一定に保っています。
爬虫類など変温動物は、外気温度に対応できないので
冬は冬眠したりしますよね。

体温を調節するしくみは
このコラムにも何度か出てきている
【自律神経】によって調節されています。
筋肉や血管を活用して、発熱と放熱を促しているのです。

例えば、
寒い時には、毛穴を収縮させて熱を逃がさないようにしたり、
身体を震わせて熱を生み出そうとします。
暑いときには、血管を広げて放熱・発汗し、
その汗が蒸発するときに
皮膚の熱を奪っていくことで体温を下げています。

ところが、この【体温調節機能】がだんだんと衰えてきているとしたら!
どうでしょうか?
(爬虫類化している??としたら!!少しびっくりしてしまいますよね)

冷暖房が完備されて、運動量が減ってしまった現代では、
残念ながら【体温調節機能】が弱まっていると言われています。

体温調節がうまく出来ないことで、
発汗出来ずに熱が体内にこもってしまったり、
発熱が十分でなく冷えを感じたりするのですね。

熱中症などの注目度が高いこの季節だからこそ、
私たちが本来持っている【ホメオスタシス】を
うまく機能させていくことも考えてみませんか?

深呼吸.jpg適度な運動を含めて、筋肉や血管・汗腺などを
活発にはたらかせる様にこころがけましょう。
もちろん、やりすぎは禁物です。
自分自身が心地よいと感じる程度の運動や入浴を活用してください。
そしてその後は、夕涼みなどでゆっくりとクールダウンしましょう。

【適度な緊張】&【緩和】 【活動】&【休息】
これらのバランスをうまく保って
1年を通してココロと身体を快適に保っていきませんか?

日常にほんの少しの変化を加え、
心と身体にビタミンを注入してみませんか?
○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●
(2014年8月1日掲載)

第10回 上手な水分補給でコンディションを整えよう!

皆様こんにちは。柿島由香です。
いよいよ夏本番となります。
メディアでも多く取り上げられている水分補給について、
具体的にどのようにしたらよいか、ご紹介いたします。

○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●

『熱中症予防に水分補給を!』
このような言葉もだいぶ定着しました。
水分補給が重要であるということは、
なんとなくわかるのだが、どうしたらよいかわからない…
という方のために、
実際にはどのタイミングでどのように補給したらよいか、水を飲む女性.jpg
ご案内をいたします。

なぜここまで『水分補給』の必要性が
取り上げられるようになったのでしょうか?
人間の身体はおよそ60%が水分でできています。
この水分量と塩分の濃度を一定に保つことで、
コンディションを整えているのです。
通常であれば、ある程度コントロールができるのですが、
猛暑続きの近年の気候では
特に、意識的に水分を摂取することが必要となってきたのです。

この【意識的に】という部分に注目してみましょう。

日頃からあまり水分を摂らない。という方にお話しを伺うと
のどが渇かないから、お手洗いが近くなるから、汗をかくから…
などの理由をおっしゃる方も少なくありません。
ところが、人間の身体は、利尿や発汗をしっかり行うことで
様々な事をコントロールしているとも言えます。
また、のどの渇きを感じたときには、
簡易な脱水症状が始まっていると考えられます。
そうなる前に少量ずつ補給が必要となってくるのです。

では、具体的な水分補給の方法をいくつかご紹介いたしましょう。

【どんなときに?】
 ・家事などの作業中に
 ・就寝前や起床時に
 ・通勤・通学時に
 ・レジャーや軽い運動の時に
・エアコンなどで乾燥した場所に居る時に

【何を?】
 ・水…冷水の刺激が気になる方は、常温水や白湯などもおすすめ
 ・スポーツドリンク…運動時におすすめ。糖分が気になる場合は希釈して飲用
 ・経口補水液(※)…特に暑い場所等で長く作業する方におすすめ
※腸での吸収を高めるためにブドウ糖・塩化ナトリウムを溶かした水。
下痢・嘔吐等による脱水症状の治療に用いられる。
 ・お茶など…お好みで飲用は可。カフェインが気になる方は避ける

【どのタイミングでどのくらい?】
 ・いつでも、どのタイミングでも、気づいた時に、頻繁に
 ・1口か2口、少量ずつに分けて摂る
 ・胃腸への負担を考慮し、一気に多量に飲むなどは避ける

水分補給は必要。と頭では理解していても、水辺に浮かぶ楓の葉.jpg
必要な頻度で必要な量が取れていないことが多いようです。
特に、日常であまり水分を摂らないという方は、
『いつでも・どこでも・頻繁に』という習慣をつけていくことをオススメいたします。

また、涼しげな水を目にしたり、温度を感じたりするだけでも
気持ちもやわらぎます。
1口飲むことで『ホッとひといき』つくことができますよね。

上手な水分補給で、ココロと身体のコンディションを整え
これからの季節を快適に乗り切りましょう。

日常にほんの少しの変化を加え、
心と身体にビタミンを注入してみませんか

○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●
(2014年7月1日掲載)

第9回 表情筋エクササイズで健やかに!

皆様こんにちは。柿島由香です。じめじめした季節に入りますが、
ココロも身体もすっきりと過ごしたいものですね。
先回の姿勢に引き続き、今回は印象の良くなる表情のお話です。
○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●

顔の表情.jpg『目は口ほどにものを言う』
そのような格言に、思い当たるふしがある方も多いのではないでしょうか?

ビジネスの場で、または家族や友人との会話の中で、
伏し目がちな目線やくすんだ顔色では相手に与える印象が悪く、
皆様本来の良さを十分に伝えることができません。
会話中の表情というものは気持ちを伝えるうえで
重要な役割を果たしています。

ところが、この表情豊かにアイコンタクトを交えて表現するということが
苦手という方も多いようです。

では、ちょっとした意識やケアで印象を変えることが可能だとしたら
いかがでしょう?

人間の顔には多くの筋肉があることをご存知でしょうか?
『表情筋』と総称されるこの多くの筋肉が十分に動くことで
豊かな表情を表すことができます。
この表情筋を日頃から活発に動かしてあげましょう。

■眼球の運動(顔を動かさず上下左右に) 
■口を大きく開けて あ・い・う・え・お と発生する
■舌を動かして頬の裏や歯茎の周り等をマッサージする
■目鼻口を思い切りすぼめたり開放したりを繰り返す
■眉毛や鼻などを個別に動かしてみる
■頬を思い切り膨らます
■舌を前方に長くつき出し、あご下を刺激する
■歯の噛み合わせを確かめるように数回噛んでみる

などの運動でしたら、誰でも簡単に行うことができるでしょう。
また「表情筋トレーニング」で調べると更に詳しい情報が多く出てくることでしょう。

これらの運動は、印象を変えるだけでなく
眼精疲労の改善や、口腔内のケアとしてもオススメできるものです。

さて。
今現在、パソコンと向かい合っている手を止めて
少し実践してみませんか?
フェイシャルマッサージ.jpg目や口の周りがすっきりとし、誰かにむかって
健やかな表情で話しかけたくなりませんか?

もしくは自分自身でもケアの他に、
サロンなどに出向いてプロの手を借りる…ということも
自分へのご褒美としてたまにはよいかもしれませんね。

表情筋を動かすことは、皆様のココロと身体を豊かにしてくれる。
今回は、そのようなお話しでした。
日常にほんの少しの変化を加え、
心と身体にビタミンを注入してみませんか?
○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●
(2014年6月1日掲載)

第8回 春の心地よい風とともに、颯爽と!

皆様こんにちは。柿島由香です。
新緑の季節。
服装も軽やかになり、
さっそうとした立ち居振る舞いが似合う時期となりました。
姿勢や歩き方について少し意識をしてみませんか?

○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●

『ながらスマホにご注意ください』
このような言葉を多く耳にするようになりました
乗り物移動のとき、道を歩いているとき、
つい手元のスマートフォンなどに夢中になり、
ずっと下を向いたまま…いう事に、
少なからず身に覚えがありませんか?

自分や周囲の安全の為に
『ながら』が良くないという事はもちろんなのですが、
端から見た印象や姿勢という面からも考えてみましょう心電図.jpg

例えば電車等で、
片腕はつり革につかまり、
もう片手に何かを持ちながら下を向いた状態の場合、
両肩が上がりやすく、首の位置が前に傾いた状態になります
このような姿勢が続くと肩こりや首痛の原因にもつながります

また、そういった姿勢が日常的になると
第一印象にも影響してきます
円背(背中が丸く猫背の状態)や
疲労姿勢(重心が後ろに落ちたような姿勢)
のままで初対面の方と会ったとしたら
少し暗い印象を与えたり、
大きな態度と受け取られてしまうことがあるかも知れません

そのような事にならない為にも、
少しだけ意識をして
美しく、健康的な姿勢や立ち居振る舞いを心がけてみませんか?

首や腰に負担が少なく、
さっそうとした姿勢を保つためには
『腹筋・内もも・背筋』を意識して使うことが必要です
ここまで読んで
『腹筋も背筋も苦手だし…そんなのキツくてとても出来ない…』
と思われる方もあるかもしれません
それでは、どなたでも簡単に出来る方法とキーワードをご紹介しましょう

【つむじと上半身】
☆つむじを上に吊り上げられているような気分
☆胸元を前に向ける
(ペンダントヘッドを人にみせるように、ネクタイを縦に長くするように)
☆耳たぶと肩先をお互いに遠く引き離す
☆背骨やうなじが長く引き伸ばされているイメージ

【おへそと下腹】
☆おへその位置を数センチ上に持ち上げるような気持ちで立つ
☆内モモの付け根から下腹へ、ズボンのファスナーを引き上げるようなイメージ
☆両足のかかと同士を引き寄せ、左右均等に足に体重をかける
☆ひざの裏側からお尻にかけて長く引き伸ばされているイメージ

この中から、気に入ったイメージをひとつでも取り入れてみてください
そして、立っているときや歩くときに実践してみましょう!

浜辺を歩く.jpgすべてのワードを四六時中ずっと行うのではなく、
まずは短い時間からひとつずつ始めていってみてください

下を向いて何かに夢中になっていた自分に気づいたら
手を止め、顔を上げて、
春の心地よい風とともに、颯爽と歩いてみましょう

日常にほんの少しの変化を加え、
心と身体にビタミンを注入してみませんか?
○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●
(2014年5月1日掲載)

第7回 新年度、ストレスフリーにすごす!

皆様こんにちは。柿島由香です。
新しい季節になり、ライフスタイルが変わった
という方も多いのではないでしょうか?
変化に戸惑うことなく心豊かに過ごす方法を探してみましょう。
○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●

ハートのキャンディ.jpg慣れ親しんだ生活スタイルから何かが変わるとき、
ココロも身体も落ち着かないということは、誰にでもあることです。
特に新しい環境が自分にとって『不満だ・不適だ』
と思っていると、強くストレスを感じます。

そのような時にヨガの考え方を活用してみてはいかがでしょうか?
ヨガは、ポーズをとることだけでなく
『ココロと身体のつながり』を大切にします。
身体を使うこと以外に様々な『教え』があるのです。
経典などの元々の文章は、
そのまま読んでも難しいと思われるかもしれません。
『生活習慣に着目したベーシックな教え』と考えて、
自分に当てはまると思うことを見つけてて実践してみましょう。

例えば、このようなことです。

【非暴力】
言葉や精神的なものも含めて、暴力を振るわない。という考えです。
周りの人・物・自分に対しても、優しく丁寧に接してみましょう。
万物に思いやりと敬意を持ちましょう。
投げやりな態度や行動をしないという事も、これに含まれますね。

【執着しない】
モノの所有欲を強く持ったり、執着し過ぎない。という考えです。
自分だけで抱え込まず他人と分け合う心を持ちましょう。
手放すことで、次に新しい物が見つかる可能性も大きいです。
断捨離やワークシェアリングなどの考えにも通ずるかもしれませんね。


【正直】
全ての事柄に誠実であること。という考えです。
言葉と行動を一致させて、嘘をつかず正直に生きましょう。
自分自身を素直に認めたり、受け入れたりすることもこれに含まれます。
自分の容量や能力を知って、それに対して褒めてあげることも大切ですね。

【満足する】
ヨガ.jpg足りることを知る。という考えです。
自分が満たされていることに気付き、それに満足するということです。
今ある環境を見つめ直して、感謝する心を持ちましょう。
生活基盤や人間関係が変わった時にも、当てはまるかもしれません。

いかがでしょうか。
あ、これは思いあたるな。共感できるな。なるほどな。
というものがあったでしょうか。
この教えは、全ての方が共感できるものとは限りませんが、
皆さんの新しいライフスタイルのヒントになればと思います。

ヨガの教えは他にもあるのですが、
それはまた必要に応じてお話いたしましょう。
興味を持った方は、
今度はヨガポーズも含めて是非実践されてみてくださいね。

日常にほんの少しの変化を加え、心と身体にビタミンを注入してみませんか?
○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●
(2014年4月1日掲載)

第6回 花や草木の恵みをいっぱいに受け止めて・・・

皆様こんにちは。柿島由香です。
ビタミンコラムの第2回に、自律神経を整える方法について
記載いたしました。
今回は、その続きとして・・・
芳香療法(アロマテラピー)についてのご紹介です。
○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●

アロマテラピーという言葉は聞いたことがあるが、
誰でも気軽に出来るのかよくわからない。
という方も多いのではないでしょうか?
浮かぶろうそく.jpg確かにいい香りがするとよい気分になりますが、
実際にはどのような裏付けと効果があるのか、
ご紹介していきます。

アロマテラピー(日本語に訳すと芳香療法)は、
植物由来のエッセンシャルオイル(精油)を
使う自然療法です。
古くから治療や美容など様々な場面で使われ、
その効果も立証されています。
化学合成した香りではなく、
自然の芳香成分を体内に取り入れることで、
ココロと身体のトラブルを穏やかに解消していこうというものです。
鼻や咽喉から脳へと伝えたり、
皮膚から毛細血管へと取り入れたりすることで、
自律神経にはたらきかけ、
その調子を整えていきます。

アロマテラピーにはさまざまな方法がありますが、
いくつかご紹介してみましょう。

【部屋や身の周りに】
エッセンシャルオイル(精油)を温めたり風を
送ったりして揮発・拡散させる方法です。
最近では、専用のポットやファン等も手軽に
入手出来ますので、
そういったものを使ってもよいでしょう。
または、ティッシュ等にオイルを数滴たらし、
それをふわふわと仰ぐだけで自分の周りには十分広がります。

【浴室や洗顔時に】
バスタブにオイルを数滴たらして入浴をしたり、
洗面器のお湯にたらしてそのスチームを吸入したりします。
市販の加湿器で、
オイルを併用できるものも簡単に活用出来ます。

【お掃除に】
掃除機の排気辺りにオイル(または、オイルを含めた布等)
を使うと、排気の臭いも気になりません。
または拭き掃除の雑巾を洗う時等に少し使うのも
おすすめの方法です。

【持ち物に】
オイルを数滴含ませたコットンをかばんに忍ばせたり、
オフィスの小物近くに置いておく方法でしたら、
最も気軽に楽しめそうですね。

アロマオイルの瓶.jpg呼吸する 嗅ぐ 触れる 湿度を感じる
そのような人間の『感覚』をじゅうぶんに使うことで
ココロや身体と向き合う事が出来るかもしれません。

アロマテラピーでは、
各個人それぞれの環境や状態によって、
おすすめのオイルの種類が違ってきます。
(例えば、気分を高めたいときは柑橘系、
落ち着きたいときは樹木系 等)
興味を持って詳しく知りたいという場合は、
書籍やサイトなどで調べてみるのもよいかもしれませんね。

そして何よりも、まずは難しく考えずに『自分が楽しめそう!』
と思うことから始めてみてはいかがでしょう。
花や草木の恵みをココロと身体いっぱいに
受け止めて気分を変えてみてください。

日常にほんの少しの変化を加え、
心と身体にビタミンを注入してみませんか?

※注意事項
 妊娠されている方、てんかんなどの持病をお持ちの方は、
 オイルの選択に配慮が必要です。専門知識のある方のアドバイスをお訊きください
○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●
(2014年3月1日掲載)

第5回 日記に綴れば・・・

皆様こんにちは。柿島由香です。寒さや乾燥など、
健康管理やダイエットにとって天敵が多い季節ですね。
こんな時期だからこそ【日記】というアイテムを活用してみませんか?
というご提案です。

○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●

日記帳といえば、重厚な外装に鍵付き…と、
少しかしこまったイメージをお持ちの方や
『3日坊主なので、日記なんて続かなくて…』と、
言う方も多いかもしれません。

ダイアリー.jpgかくいう私もその一人なのですが、
近年ではブログやスマートフォンアプリの発達で、
以前よりもずっと気軽に【日記】等を書きやすい環境になりました。
年頭に今年は【日記】を続けよう!と思った方…
早速始めてみませんか?

さて。冬というこの季節。
ウィルス感染に気を使ったり、
身体を動かす機会が減ったり、と
健康管理もダイエットも難しい時期です。

そこで【日記】の題材にオススメしたいのが【毎日の食事】です。
毎回食べたものを記入していく【食事日記】はいかがでしょうか?

一日で、食べ物や飲み物を口にしたときに、
その内容や時間を記録していくのです。
例えば
 8:00 ヨーグルト 菓子パン2つ 缶コーヒー
 11:00 クッキー1つ チョコレート1かけ
 15:00 とんこつラーメン普通盛り 餃子3つ
など、ご自分でわかる内容をメモする程度で十分です。
または、写真を撮った方が楽だという方は、それも良いですね。

え?それだけ?
カロリーや材料等を細かく記載したほうがよいのでは?
と思われるかもしれませんが、これで十分です。
できるだけ簡単な内容の方が負担になりませんよね。
これを、まずは1週間ほど続けてみましょう。

そして、その内容を見直してみてください。
じっくりと、読み返すのです…。

すると…そこから気付くことが、何かきっとあるはずです!

何に気付くかは、皆さんそれぞれで違う事となるでしょう。
・好んで食べている物や、摂っていない食材がある
 ・食事時間に偏りや、オンオフ時で食べ方に癖がある  等

実はこの日記を付ける方法。
ダイエット中の方はもちろん、
妊婦さんやアスリート、お子様やご年配の方と、
様々な方に幅広く活用されている方法なのです。

まずは【気付く事】が大切で
次に気付いた内容を少しずつ変えていけばよいのではないでしょうか?

メモ程度だった内容が、
だんだんと詳細を記入するようになるかもしれません。
写真をきれいに撮る為に盛り付けや調理を工夫するようになるかもしれません。
本格的なアプリを導入したり、ブログに発展するかもしれません。

サラダ.jpgその結果として、
ダイエットや健康管理に繋がっていけば、嬉しいですね。
(※先月のコラムにもありました
【幸せ物質】も出てくることでしょう!)

いえいえ。気持ちは膨らんできますが、
あまり大きく考えずに
まずは、メモ程度から、始めてみましょう。

日常にほんの少しの変化を加え、
心と身体にビタミンを注入してみませんか?

○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●

(2014年2月1日掲載)

第4回 ~新年号~ 【幸せ物質】に満たされる!

新年おめでとうございます。柿島由香です。
今年一年が皆様にとって、幸せな一年となりますように『幸せ物質』のお話しです。
○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●

ハートのリース.jpg人間の脳内には様々な物質があり、いろいろな働きをしています
例えば やる気を起こすドーパミン や 安らぎを感じるセロトニン などは
【幸せ物質】と呼ばれたりします

気分が落ち込んだりイライラしたりしているときは【幸せ物質】が減っているのかもしれません…

医学的に、薬でセロトニン等を活発にすることも可能ですが
ちょっとした考動(考えて動くこと)で【幸せ物質】を増やすこともできると言われています
簡単に取り組めそうな事から始めてみませんか?

例えば
年の始めに何か目標を立てたが、何時も達成できない…
そう思う方も少なくないでしょう
達成できない自分を責めるのではなく、目標を小さく分解して
ちょっとずつ達成できる度に、自分を認めて、何かご褒美をあげるのはいかがでしょう?
または、一度休憩して、そこから仕切り直すのもよいでしょう
ご褒美や休憩は【幸せ物質】を活発にしてくれます

それから
私達は、誰かに褒められた時・感謝された時、とても幸せな気分になりますね
で、あれば、自分から周りの人へ【幸せ物質】を届けてみませんか?
身近な友人や家族の良いところを見つけて、大いに褒め合うのはいかがでしょう?
花びらシャワー.jpg服装や髪形、小さなクセや日々の立ち居振る舞いなど
なんでもよいので「そんなところが素敵!」とお互いに見つけ合ってみたり
小さなことに「○○してくれてありがとう!」とお互いに言い合ってみましょう

そして
笑う 泣く 喜ぶ という感情表現も【幸せ物質】を誘発すると言われています
好きな音楽や映画を鑑賞して涙したり
なんだか可笑しいときに遠慮なく笑ったり
新しい発見に驚き喜んだり
自分にとっての小さな楽しみに対して、十分に感情表現してみましょう

2014年が、皆様にとって【幸せ物質】が十分に溢れる年になりますように

日常にほんの少しの変化を加え、心と身体にビタミンを注入してみませんか?
○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●

(2014年1月1日掲載)


第3回 ココロとカラダを燃やす!

皆様こんにちは。柿島由香です。
いよいよ寒い季節になって参りました。今回は「燃える??」お話です。
皆さんは、寒い時に何を燃やしますか?

○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●

炎.jpg『燃える』『熱い』という言葉
実際の温度や状態を表すこともありますが、気持ちの表現にも使われます
燃える想い 熱き心 等 熱意をつたえる時などに用いられます
では、身体はどうでしょう?燃えたり熱くなったりするのでしょうか?

スポーツやダイエット時に『体脂肪を燃やす』という表現をよく耳にします
え?!身体が燃えるの?!
と思われるかもしれませんが、実際に火が出ているわけではなく、
体内の組織が、酸素と結び付いて反応する事について
『燃える』という表現をしています

酸素を取り入れながら身体を動かしていくと、
体内の脂肪等と結び付いてエネルギーを発し、
その時に体温が上昇し筋肉も『熱く』なります
そういった活動が上手に廻り始めると
体脂肪の減少にも一役買ってくれるという仕組みなのです

こういった運動を『有酸素運動』呼び、
ダイエットやコレステロールの低下におすすめの運動だとされています
少し呼吸が弾む位の運動を一定のリズムを持って継続する
ウォーキング ジョギング サイクリング スイミング等が代表的ですね

エクササイズをする女性.jpgでは、どのくらい行うと『燃える』のでしょう?
20分~30分が効果的等、諸説いわれていますが、
まずは、出来る範囲で行うことがなにより大切です

そして
何かを始めてみよう 新しい取り組みをしよう
そういう気持ちを持って行動する
これも、自分の気持ちを『燃やす』ことになるかもしれませんね
簡単なことから少しずつ始めてみましょう

自分の身体を自分で動かして『熱く』する
『熱い』気持ちで何かに取り組む
寒い季節にココロとカラダを燃やしてみてはいかがでしょう

日常にほんの少しの変化を加え、心と身体にビタミンを注入してみませんか?

○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●

(2013年12月1日掲載)


第2回 呼吸法からはじめてみよう ~体調管理と神経をめぐって~

皆様こんにちは。柿島由香です。
不安定な天候や気温が続いています。急に体調を崩す方も少なくないようです。
そのような時期ですので、今月は体調管理と神経のお話しです。
○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●

爽やかな目覚め.jpg
人間の身体は、自分の意思で動かせる部分とそうでない部分があります。
手足の筋肉や神経は『動かそう』という自らの意思によって動いているのですが
心臓や内臓の機能は自分では『動かそう』と思っていませんよね?
これらの機能は『自律神経』に関係しているのです。

活発に動いたり気持ちを高めたりする役割の『交感神経』と
身体を休めたり気持ちを落ち着ける役割の『副交感神経』の2つがあります。
この2つのバランスがうまくいくと気分や体調も整ってくるのです。

毎日忙しく動いたり、深夜の就寝など、不規則になりがちな皆様にとって
リラックスに関わる副交感神経を優位にすることは
大事なキーワードかもしれません。

規則正しい生活がよいということはもちろんなのですが
そうは言っても急に生活習慣を変えるのは難しい!
と思われる方も多いですよね。

簡単なことから始めてみませんか?
腹式呼吸を使ってみましょう。

 楽な姿勢を取り、お腹を凹ませるように息を吐いていく
 吐き切ったら、お腹を膨らませるように息を吸い込む
 できるだけ細く長く、丁寧に時間をかけて(一呼吸に6~10秒程度)
 特に吐く息を大切に行ってみる

緊張状態や、イライラを感じた時、なかなか眠りに付けない時 等
瞑想.jpg難しく考えずに、いつでもどこでも、行ってみてください。
小さなことから始めていって
それがうまくいったら次のステップへ進んでみましょう。

呼吸法と身体を動かすことを合わせてヨガなどにトライしてみる
少しだけ起床時間を早めて、出勤までに余裕をもってみる
半身浴やアロマテラピーなど取り入れてみる…

また次のステップのお話しは別の機会にいたしましょう。
まずは、呼吸法から始めてみましょう。

日常にほんの少しの変化を加え、心と身体にビタミンを注入してみませんか?

○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●

(2013年11月1日掲載)

第1回 秋こそ体を動かそう!

皆様こんにちは。柿島由香です。
10月よりコラムタイトルを「心と身体のビタミン」と一新しまして、
皆様の日常に少しだけプラスできる…ビタミン剤のようなお話をお届けしてまいります。
今回は、お手軽に身体を動かす方法のご提案です。

○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●

心地よい秋風とともに身体を動かしたくなる季節になりました。
スポーツの秋などという言葉に誘われ「何か始めてみようかな」
そう思う方も多いのではないでしょうか?
でも、具体的に何をしていいかわからない…という方もいらっしゃいます

そこで今回は特別な運動をしなくても
日常生活で身体を動かす方法をご紹介します犬と散歩.jpg

このような単位があることをご存じでしょうか?
Mets(めっつ)… 厚生労働省が設定した運動の強さを表す単位
運動時間や体重をかけあわせるとカロリー計算をすることも出来ます
厚生労働省では、健康増進の為に
(3~4Metsの強さの運動 × 20分程度 × 23回程度)/ 1週間
行う事を推奨しています

なるほど…
健康増進の為には、それくらい必要なことはわかるが…
そのように言われてもピンとこない数値かもしれません

そこで具体的な日常動作として考えてみましょう
3~4Metsの運動… 
早歩き 階段を上る 掃除機かけ 洗車
子供と遊ぶ 自転車ゆっくり走行
などが相当します

このように置き換えると、意外にも
少しのこころがけで行える事も多くありそうです
エスカレーターを階段に変える
掃除機ロボットも便利ですが、たまには自分で行ってみる
お出かけの前に家族皆で、洗車をする
自転車で、近所を一周してみる掃除する女の子.jpg

いかがでしょう?
そのような事ならできるかも知れない
でも…
週に20分×20回も行わない…

そう思われた方は、週に10分を1回でも、最初は十分ではないでしょうか?

それを続けていくうちに、だんだんと
心と身体がアクティブになっている自分に気付くかもしれません…!
小さなことから始めてみましょう

日常にほんの少しの変化を加え、心と身体にビタミンを注入してみませんか?

○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●

(2013年10月1日掲載)


キャリアセット柿島由香のコラム「明日もHAPPY」
2012年9月~2013年8月掲載分はこちからご覧いただけます

第12回 真夏こそ汗を味方に!

皆さまこんにちは。柿島由香です。
暑い季節にはつきものの汗。「汗をかきたくない」と嫌われがちですが
そう悪いことばかりではなさそうです。
今月は汗をかくと元気にキレイになる?というお話しです。

☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*

皆様は『汗(あせ)』と聴いてどのようなイメージを持つでしょうか?
一般的に、べたつきや臭いなど、少し悪者扱いされることが多いようです。

スポーツ用品.jpgではなぜ汗をかくのでしょうか?

人の身体は約60%が水分です。
体内に取り入れられた水分は身体中をめぐり、
老廃物とともに体外へと排出されます。
また、
汗は皮膚の表面から蒸発するときに熱を奪っていき
体温の調整をする役割もしています。
この季節に注目されている熱中症も
汗が上手にかけないことが原因となることも多いのです。

汗をかく事は、私達の身体にとってとても重要な役割を果たしているのですね。

では、上手に汗をかくとはどういうことでしょうか?

皮膚の表面には汗腺という器官があり
この汗腺が活発に働いていると上手に汗がかけるということに繋がります。

汗腺の機能が活発であれば
必要なミネラル分をしっかりと身体に吸収し水分だけを体外に排出します。
水分の排出がしっかり行われれば、むくみの改善にもつながり
半身浴.jpgまた、汗に交じる余分な成分が臭いの原因にもなりますので
汗腺が活発な人ほど汗の臭いは少ないとも言えます。

汗をかきたくないと言って冷房の効いた環境に居続けると
汗腺は活動をサボッってしまう事になります。

適度な運動や半身浴等で心地よく汗をかき、
日頃さぼり気味の汗腺を鍛えて
人間が本来持っている体温を調節する機能を呼びさましてみませんか?
暑い夏こそ、上手に汗をかくチャンスかもしれません。

心地の良いものは、皆様のすぐ近くにきっと見つかります
明日もHAPPYでありますように

☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*
(2013年8月1日掲載)

第11回 時期の「さかり」を楽しもう!

皆さまこんにちは。柿島由香です。
梅雨はじめじめして鬱陶しい…夏の暑さはやはりツライ…
などと嘆く前に、季節を感じられることに感謝してみませんか…?
今回はそんなお話しです。

☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*

私達は、四季を十分に感じられる日本という国に生活しています
美しい景色や気候ももちろんですが、
様々な食材の「旬」を知ることでその季節を感じることもできるのです

旬とは…魚介類や蔬菜(そさい)・果物などの、最も味のよい出盛りの時期
と定義されていました
その食材の栄養価が最も高く、味も美味しいとされている時期のことです

スイカ.jpg太陽や大地や雨の恵みをいっぱいに受け取った野菜たち
潮の満ち引きによって脂がのった魚たち
全てはそれぞれの季節の恩恵なのですね

夏場の食材といえば、
きゅうり や ナス
みずみずしい スイカ や 桃
香り高い 鮎 さっぱりした味わいの スズキ

身体をクールダウンし、疲れた胃腸を助けてくれる
食欲が減退しがちなこの季節に
このような食材を皆様の食卓に取り入れてみてはいかがでしょうか?

近年では栽培方法や流通の発達により、
一年を通して様々な食材を手に入れることが出来るようになりました
子供たちの中には「旬」という言葉も知らないという子も増えているようです
野菜とフルーツ.jpgそれを伝えていくことも大人の役割かもしれませんね

せっかく、四季の感じられるこの国に生活しているのですから
その時期の「さかり」と呼ばれるものを上手に摂りながら
季節を楽しんで、鋭気を養ってはいかがでしょうか?

心地の良いものは、皆様のすぐ近くにきっと見つかります
明日もHAPPYでありますように
☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*
(2013年7月1日掲載)

第10回 子供のように

皆さまこんにちは。柿島由香です。
三寒四温の季節もすぎて梅雨から初夏へとむかいます。
皆さまも周りの環境に慣れてきて、だんだんと頑張っていこう!
そのような時期かもしれませんが、少し立ち止まってみませんか…?

☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*

クローバーの花束.jpg子供のころ。
学校からの帰り道、まっすぐ家に帰った事があったでしょうか?

家に帰りつくまでに
『気になるスポット』がいくつもあって、
ひとつづづ立ち寄っていくと、いつの間にか帰宅が遅くなる…

シロツメグサがたくさん生えている場所
いつもネコが昼寝している場所
赤いスポーツカーが停まっている場所
スキップにちょうどよい石段のある場所
パン屋のおばさんがいつも笑ってくれる場所

まだまだ、たくさんあったように思います。

よりみち…それは子供の特権でしょうか

いつのまにか
通勤の道がルーティーンになり
いつも乗る電車 いつも同じ道
わき目も振らずに歩いている自分に気付きます

少しだけ
立ち止まって
周りのモノ達を見聞きしてみませんか

散歩.jpg道端の花や生き物
車窓から見える、知らなかった景色
聞き逃していた音

新たな発見がきっとあることでしょう

そしてそれは、
ビジネスや学業にも通じることではないでしょうか?

目標に向かって一心不乱も大切ですが
子供のように少し『よりみち』してみましょうか

心地の良いものは、皆様のすぐ近くにきっと見つかります
明日もHAPPYでありますように

☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*
(2013年6月1日掲載)

第9回 私へのプレゼント!

皆様こんにちは。柿島由香です。
4月から新しいスタートを始めてという方も多いのではないでしょうか
1か月経ち、色々なことで悩んだりしっくりこない想いを抱えていませんか…?
そのようなときは「ご褒美」と「宝物」はいかがでしょう?

☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*

プレゼント.jpg「がんばった自分にご褒美を」
そのような言葉をよく耳にするようになりました

自分自身のココロのバランスを取るために
上手に成果をあげるために
物事の節目や何かをクリアしたときに

自分自身にとって「少し嬉しいこと」をしてあげる
それが自分へのご褒美です

決して
高額なものを買ったり、不相応な事をする
という事ではなく

自分だけの「宝物」を見つける
そのように考えてはいかがでしょうか?

こっそりとお気に入りスポットを訪れる
少しだけグレードアップしたSweetsを食べに行く
気になっていた音楽をゆっくりと聴く
大好きな人とコンタクトをとる

小さな花束のプレゼント.jpgもしかしたら、
他人には何でもないことのように感じられるかもしれません
それでも、自分自身にとって
「ご褒美」であり「宝物」であればよいのではないでしょうか?

このコラムでも様々ご紹介してきました
自分なりの小さなHAPPYを見つけて
日常起こる様々な出来事と
上手にお付き合いしていきませんか?

心地の良いものは、皆様のすぐ近くにきっと見つかります
明日もHAPPYでありますように

☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*
(2013年5月1日掲載)

第8回 春の音を楽しもう!

皆様こんにちは。柿島由香です。
花冷えと言われていた時期も過ぎ、
冬物のコートは出番がなくなってきました。
こんな季節にはどのような音を楽しみましょうか…?

☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*

楽譜.jpg暖かくなってきた季節に耳をすませると色々な音が聞こえてきます
音を楽しむと書いて『音楽』といいますね

世界の各地でその文化に合った『音楽』が受け継がれてきました
冠婚葬祭や四季の折々の行事に、楽器を鳴らし唄ってきたのでしょう

最近では、音楽療法なども注目されています
唄ったり聴いたりすることでココロと身体を整えていく方法です

もはや人々の生活と『音楽』は切っても切り離せない存在なのかもしれません

皆さんは、
どのようなときに音楽を聴きたいですか?
どのようなときに音を奏でたいと思いますか?

気持ちを落ち着けたいときに
優しいクラシックや、ゆったりとしたヒーリングミュージック

ワクワクとした気分のときに
明るいPOPSや、ノリノリのROCK

懐かしい想いになりたいとき
故郷の童謡や、あのときの流行歌

さまざまなシチュエーションで
さまざまな感情や気持ちを
演出し、サポートしてくれる
それが『音楽』ではないでしょうか

音楽に合わせて.jpgそして、皆さんそれぞれ
好きな『音』を好きなように『楽しめ』ば良いのです

好きなアーティストのLIVEに行きましょうか
カラオケでおもいきり発声しましょうか
久しぶりに楽器を手にしてみますか
家事の合間に鼻歌もいいですね

あなたのお好きな方法で、この季節にぴったりな音を楽しんでみてください

心地の良いものは、皆様のすぐ近くにきっと見つかります
明日もHAPPYでありますように

☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*
(2013年4月1日掲載)


第7回 春に向けて、ココロと身体を解放しよう!

皆様こんにちは。柿島由香です。
春の訪れを随所に感じるようになってまいりました。
ちぢんでいたココロと身体を少しずつ解放していくよい季節ですね。
今回は、身体を動かす事は難しくないですよ。というお話しです。

☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*

例えば、健康診断を受けた後
「運動をお勧めします。身体を動かしましょう。」
と指導を受けた方はいらっしゃいませんか?

または今年の始めに
「身体を動かしてダイエットしよう!」
などと決心をした方も少なくないでしょう

では、どうやって運動を始めましょうか?
毎朝ジョギング 
フィットネスクラブ通い
昔取った杵柄で、草野球やフットサル

歩く.jpg様々ありそうですが
それはどうもハードルが高い…
続けられそうにない…
身体を動かす事は確かにいいことだが
そのきっかけが見つからない
そのようなお声をよく耳にします

このように考えてみませんか?
運動=しっかりとスポーツ
だけではなく
運動=日常の様々な活動
と捉えてみましょうか

皆様の日々の生活に
小さな何かを プラスアルファ するだけでも十分なのです

自転車のり.jpgエスカレーター、エレベーターを1階分だけ歩きに変える
ずっと眠らせていた自転車に乗って近所を1周してみる
家族と外に散歩に出かけてみる

「あ。それならすぐにできるかもしれない!」

そう思われた方
明日からでも是非、実践してみましょう!
簡単に始められることは
意外にたくさんみつかりそうですね

春の訪れとともに
日常の活動をいままでよりも
少しだけ増やしてみませんか

心地の良いものは、皆様のすぐ近くにきっと見つかります
明日もHAPPYでありますように

☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*
(2013年3月1日掲載)

第6回 いつもと違った色を身に付けて・・・

皆様こんにちは。柿島由香です。
寒い日が続き、気持ちも服装もダークになりがちではないですか?
今回は、色彩のお話しです。

☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*

先日の雪では、都心でも真っ白い風景を見ることができました
白という色は「白紙に戻す」などの言葉もあるように
リセットする。またはそこから新しく始める
などの意味合いを含むことも多いですね。

カラー風船.jpg新たな年を迎えてから、早1ヶ月が経ち
2013年の真っ白いキャンバスには、
どのような色を描いていきましょうか?

さて
日頃身につける色について考えてみましょう。
無意識のうちに、
何時も同じような色目のものに偏ってしまう傾向にありませんか?

色には
暖色や寒色の他にも
気分を明るくする PINK や YELLOW
落ち着いた気持ちにさせてくれる GREEN など 
それぞれに効果があると言われています。

更に最近では
肌の色に合わせたカラーコーディネイトや
色の組み合わせを選ぶことで行う心理セラピー
なども注目を集めています。

寒い季節には、とかくダークな色の服装を選びがちですね。
モノトーンのお洒落も素敵ですが、
何かいつもと違った色を身につけてみてはいかがでしょうか?

カラー糸.jpg自分では似合わないと思っていた色や小物使いも
皆さんの印象を変えてくれるかもしれません。

早速チャレンジしてみませんか?
翌日の準備をする時点で、新しいものを身につけるとなると
それだけで、少しワクワクしてしまいます。

心地の良いものは、皆様のすぐ近くにきっと見つかります。
明日もHAPPYでありますように。

☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*
(2013年2月1日掲載)

第5回 『挨拶』に込められたココロに気付くとき

あけましておめでとうございます。柿島由香です。
2013年が笑顔いっぱいのHAPPYな一年になりますように
との思いを込めて、このコラムをお届けいたします。

☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*

朝日.jpg皆様、年始のご挨拶はどのような形でされたでしょうか?

はがきや手紙でのご挨拶
メールのご挨拶
電話でのご挨拶
直接会いに行ってのご挨拶

様々な形があれど
年の初めに、挨拶をするというのは
気持ちが改まり、心身が引き締まる思いがいたします。

久しく連絡を取っていなかった方や
日頃からよく顔を合わせている方とも
『繋がり』を再確認できるよい機会でもありますね。

そして、その挨拶を交わすのは
皆様にとって、どのような存在の方々でしょうか?

お仕事や学業のパートナー
お世話になった先輩や恩師
いろいろな事を分かち合える友人
家族 親族 恋しい人…

それは
『貴方を応援してくれる人たち』
ではありませんか?

とても多くの方々に
囲まれて 見守られて 叱咤激励されて
いるということに気付かされます。
そして
仲間たち.jpgその頂いた応援の気持ちに
こちらからもお返ししていこう

大切な人と、気持ちのやりとりをしていこう。

そのようなココロが
新年のご挨拶に込められているのではないでしょうか。

心地の良いものは、皆様のすぐ近くにきっと見つかります。
今年もHAPPYな一年でありますように。

☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*
(2013年1月1日掲載)


第4回 貴方にとっての『あたたかいもの』は何ですか?

皆様こんにちは。柿島由香です。
本格的に冬将軍がやってきました。
今月は『あたたかいもの』のお話しです。

☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*

スライド1.JPG辞書で『あたたか』という言葉をひいてみました。
熱くも冷たくもない  暑すぎず寒すぎない  ほどよい
思いやりのある  おだやかである
そのような言葉がでてきました

なるほど
温度にも 気持にも 共通する言葉なのですね。
『あたたか』という言葉にこれほどの意味があるのは
日本ならではの繊細な表現なのかもしれません。

貴方にとっての『あたたかいもの』は何ですか?
毛糸のマフラーや手袋
湯気の立ちのぼる料理
のんびりと浸るお風呂
スライド1.JPGゆらゆらと揺れる炎

そして
仲間や家族の心遣い
大切な人とつないだ手
感情の高まりとともに頬をつたう涙

どれほど冬将軍が強大でも
取り巻く環境が厳しくとも
私達はそれに負けない方法を
たくさん知っています。

寒い…と言って
身体を縮め、ココロを頑なにしていませんか?

あわただしくなる師走
少しだけ立ち止まって
皆さんそれぞれの『あたたか』なものを探してみしょう

心地の良いものは、皆様のすぐ近くにきっと見つかります。
明日もHAPPYでありますように。
そして
素敵な年末年始をお過ごしください。

☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*
(2012年12月1日掲載)


第3回 『菊薫る季節』に・・・

皆様こんにちは。 柿島由香です。
霜月の季語に『菊薫る季節』などという表現がありますが
はたして、菊の香りってどんなだったかしら…?
思い出せないという貴方、少し深呼吸して嗅覚を刺激してみましょうか?

☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*

スライド1.JPGリラックスをする
元気がでる
集中力が高まる など
『香り・匂い』には様々な効果があると言われています
その効果も科学的に証明されているほどですね

皆さんを気分よくさせてくれる『香り・匂い』は何でしょうか?

お気に入りのカフェから漂うコーヒーの香り
華やかで優しい花や樹木の香り
町並みで遭遇する夕ごはんを準備している匂い
お日様いっぱいに浴びたフカフカのお布団の匂い

その『香り・匂い』に触れることで
心地よい記憶がよみがえります。
そして
その感覚に触れるための 呼吸 が
ココロとカラダをよりよい状態に導いてくれます

スライド1.JPGお腹や肺を空っぽにする気持ちで息をゆっくりと吐いて
そこへ新たな空気をいっぱいに取り込みましょう
ココロとカラダの隅々までいき届くような呼吸の方法です。

今、パソコンに向かっている貴方
いったん手を止めて、姿勢を整えたら
大きく 深呼吸を 数回 してみましょう。
貴方の好きな『香り・匂い』は何だったか思い出しましたか?

心地の良いものは、皆様のすぐ近くにきっと見つかります。
明日もHAPPYでありますように。

☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*
(2012年11月1日掲載)


第2回 秋こそ、頭とココロと身体にご褒美を

皆様こんにちは。 柿島由香です。
あれほどの猛暑が嘘のように、気持ちの良い秋風が吹きはじめました。
このコラムを通じて、『身の周りの小さな幸せ』を見つけていく。
そんなひと時を皆様と共有できれば嬉しいです。

☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*

過ごしやすい季節に、運動を始めよう!読書にいそしもう!
そう思っている方も多いのではないでしょうか?
そのためには 頭とココロと身体に 栄養分が必要です。
‘糖質’は脳の栄養分スライド1.JPG
‘たんぱく質’は筋肉や骨を作るもの
‘脂質’は身体全体のエネルギー源
積極的に補給していきたい栄養素です。

でも…
ダイエット中の方や 糖尿病を気にしている方など
摂取を控えている方も多いのではないでしょうか?

もちろん過剰な摂取はお勧めできませんが
上手な摂り方を考えてみましょう
例えば、おだやかに栄養を取り入れることができる
低GI値食品(※)を選んでみてはいかがでしょうか。

白米 よりも 玄米
じゃがいも よりも さつまいも
アイスクリーム よりも ヨーグルト

このように、少し選択を変えるだけで
血糖値の上昇や下降が緩やかになります
また、空腹を感じにくいと言われています

スライド1.JPGこの秋は
ゆっくりと よいものを ほどよく 補給する
これをこころがけてはいかがでしょうか?

お腹がすいていたり、頭がボーっとしていては
スポーツも読書も楽しめませんよね。
ダイエット中やお勉強中の皆様も、イライラする前に
頭とココロと身体に 少しだけご褒美をあげませんか?
ほっと一息いれましょう

心地の良いものは、皆様のすぐ近くにきっと見つかります。
明日もHAPPYでありますように。

☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*

※低GI値食品
 グリセミックインデックス(摂取後の血糖値の上昇度合いを表す数値)55以下の食品。

(2012年10月1日掲載)


第1回 もっともっと水を感じてみよう

皆様はじめまして。 柿島由香です。
今回よりコラムを担当させていただく事になりました。
このコラムを通じて、『身の周りの小さな幸せ』を見つけていく。
そんなひと時を皆様と共有できれば嬉しいです。

スライド1.JPG9月になってもまだまだ暑い日が続くようです…
さて。
残りの夏を惜しみつつも、どんな方法で涼を取りましょうか?

人間の身体は60~70%が水でできています。
各メディアでも水分補給という言葉を多く耳にするようになりました。
海もプールもまだまだ大盛況です。
どうやら『水』はキーワードらしい…
そうか。水を飲んだり、水浴びをすればいい?

そうですね。
身体の中からも外からも、水を取り入れることは、とても気持ちがいい事です。
私たちの周りには様々な水があります。
ミネラルウォーター 水道水 お風呂 雨 海 川 プール 水族館…

では、もっともっと水を『感じて』みましょうか。

見る… 水の流れを見送る ゆらゆらとゆれる水面を眺める
聞く… 水しぶきの音を聞く 雨音に耳を傾ける
嗅ぐ… 水は無臭? 周りの風景と一緒だと何か感じる?
味わう… 飲む。喉や身体の奥で味わう。 みずみずしい野菜や果物は?
触れる… 水の温度を肌で感じる 流れや水圧を身体に感じとる

水を飲む  手を洗う  雨が降るスライド1.JPG
そんな日常の事を感じてみましょう。
あぁ、そのような感覚。しばらく忘れていたかもしれませんね。

この残暑を乗り切るために
『五感』を使って涼を取る。実行してみませんか?

心地の良いものは、皆様のすぐ近くにきっと見つかります。
明日もHAPPYでありますように。

(2012年9月1日掲載)

☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*












株式会社キャリアセット
CareerAsset, Inc.